JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第66回 朝日杯フューチュリティステークス特集 2014年12月21日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

阪神を舞台に2歳王者決定戦 阪神芝1600m〔Aコース〕

コース図(阪神芝1600m)

Aコース使用で阪神JFと同じ

 今年から阪神芝1600mに舞台を移しての2歳王者決定戦。先週の阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)と同じコースとなる。5回阪神開催6日目の一戦で、今開催は前半6日間がAコースとなっている。よって舞台はAコース。この点も阪神JFと同じだ。芝は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態。JRAの発表によると、洋芝の育成は順調で、良好なコンディションとなっている。

 スタート地点はバックストレッチの中間からやや左寄り。平坦のスタートで、3コーナー手前にある内回りコースへの分岐の所で上り坂がある。そして、すぐに下りがあり、緩やかな3〜4コーナーのカーブを回る。4コーナーの出口からは緩やかな下り。最後の直線の半ばまで下がり、そこからすぐに待ち構えるのはゴール前の急坂。Aコース時の最後の直線距離(外回り)は473.6mとなっている。

枠順の不利は解消、差し馬有利

レース写真(阪神芝1600m)

 先週の阪神JFを制したショウナンアデラの勝ち時計は1分34秒4(良)。時計の出方としては近4年と同じぐらいという印象だ。よりレベルが高い馬が揃った場合は、1分34秒を切ってくる可能性がある。中山芝1600mで行われていた際も、馬場がいいと1分33秒台の決着となっていた。要求される走破時計に大きな変化はないだろう。

 ただ、今年からはコーナーが2回で、直線距離も十分あるコース。以前の小回りから大きく様変わりする。阪神JF同様、全馬力を発揮しやすい舞台だと考えられる。ペースも平均から速めとなる可能性が十分あり、2歳馬にとってはタフなレースになりやすい。前傾ラップになると、逃げ・先行馬は苦しくなり、差し・追い込み馬が有利となるだろう。

 実際にやってみないとわからない面はあるものの、最後の直線でしっかりとした末脚を使えそうな馬を狙うべきだろう。馬場の内・外の伸びがフラットならば、基本的に枠順の有利・不利はないコース。中山芝1600mは外枠が不利だっただけに、この点は大きな変化だ。展開の紛れが少なくなり、個々の実力がハッキリと出るレースになりそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN