JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
朝日杯フューチュリティステークス特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

朝日杯フューチュリティステークスとは

将来有望な若駒のためのG1

 創設は阪神ジュベナイルフィリーズと同じく1949年。当初の名称は「朝日杯3歳ステークス」で、長らく関東の2歳(当時3歳)ナンバー1決定戦であった。

 91年、関西の2歳ナンバー1決定戦だった「阪神3歳S」が「阪神3歳牝馬S」に名称を変更し、牝馬の2歳チャンピオン決定戦となった。これに合わせて「朝日杯3歳S」の出走条件は「牡馬・せん馬」と変更され、牡馬の2歳チャンピオン決定戦へと趣を変える。そして2001年、馬齢表示を国際表記に合わせ旧3歳が2歳となった。これに合わせてレース名を「朝日杯フューチュリティステークス」に変更したのである。ちなみに、「フューチュリティ」は英語で「未来」「将来」などの意。未来を担う若駒の競走ということになろう。

 条件は、創設から1958年まで中山芝1100m、59年から61年まで芝1200mで行われたが、62年からは現状と同じ芝1600mで施行されている。中山競馬場以外で行われたことは一度もない。

朝日杯フューチュリティステークス写真近年はクラシック馬よりマイラーを輩出

 創設当初からクラシックを賑わす素材を何頭も輩出してきたレースで、古くはトキノミノル、メイヂヒカリ、キタノオー、タケシバオー、アローエクスプレス、マルゼンスキーなどクラシックを盛り上げた素質馬が勝ち名乗りを上げている。

 そして84年、グレード制が導入されてG1に昇格すると、メリーナイス、サクラチヨノオー、アイネスフウジンと、勝ち馬から次々にダービー馬を輩出。91年に2歳牡馬チャンピオン決定戦に昇格するとさらに快進撃。ミホノブルボン、ナリタブライアン、フジキセキ、グラスワンダー、エイシンプレストン、アドマイヤドンなど、後にG1で活躍する名馬たちの登竜門となっている。

 ただし、93年のナリタブライアンを最後に、このレースからダービー馬は出ていない。近年の勝ち馬は、後の競走馬生活をマイラーとして送るケースが多いようだ。

将来性から完成度が重要なG1へ

 近年、朝日杯FSからクラシック馬が誕生しなくなった要因として、ラジオNIKKEI杯2歳Sが重要視されてきた傾向がある。同レースは阪神芝2000mで施行されており、クラシックの距離により近いためだ。近年はクラシック候補生と呼ばれる馬がそちらに集まるようになった。98年アドマイヤベガ、00年アグネスタキオン、02年ザッツザプレンティ、03年コスモバルク、06年フサイチホウオー、08年ロジユニヴァースなどラジオNIKKEI杯2歳Sの勝ち馬がクラシックを賑わせている。それにより朝日杯FSには完成度の高い馬、スピード自慢の馬が集まるようになった。よって現在は将来性より完成度がより求められるレースに変化していると言えよう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN