JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
朝日杯フューチュリティステークス特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析 コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

勝ち馬の種牡馬がコロコロ変わる

1)三強血統の対決

 過去10年の連対馬の父を見れば、三つ巴となっていることが明らか。この3つの系統以外では、ナスルーラ〜ボールドルーラー系のタイキブリザード産駒ヤマノブリザードが2着に来ただけであり、三強血統以外の馬が連対するのは、ほぼノーチャンスに近い。

●父馬の系統

 ノーザンダンサー系    5勝・2着4回

 ヘイルトゥリーズン系   3勝・2着4回

 ミスタープロスペクター系 2勝・2着1回


 もっとも、朝日杯では出走馬のほとんど(特に人気サイド)が三強血統。そこでひとまずは、ナスルーラ系(ジャングルポケットやサクラバクシンオーなど)や三強血統以外の外国産馬あたりを割り引く、という考えで臨みたい。

【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)母の父はノーザンダンサー系やナスルーラ系に注目

 母の父を見ると、父馬と同様ノーザンダンサー系が変わらぬ安定感を発揮。反対にヘイルトゥリーズン系とミスタープロスペクター系は「母父に入っている」からといって強調材料にはならない。

 むしろナスルーラ系に注目。またその他の系統としては、マイバブー系が1勝・2着2回と健闘していることも覚えておきたい。

●母の父の系統

 ノーザンダンサー系    3勝・2着4回

 ヘイルトゥリーズン系   2勝・2着0回

 ミスタープロスペクター系 1勝・2着0回

 ナスルーラ系       2勝・2着3回

 その他の系統       2勝・2着3回

3)父馬は内国産または欧州系の種牡馬がベター

 下は連対馬の父・母父が現役当時に活躍した舞台をまとめたもの。

 まず父馬だが、以前はサンデーサイレンスの活躍もあって北米ダート血統が強かった。しかし近年は内国産または欧州系、マイル〜中距離に適性のある種牡馬が中心だ。

 母の父では、内国産よりも北米・欧州の血統が活躍するようになってきているようだ。


馬名 種牡馬 活躍した舞台 母父馬 活躍した舞台
エイシンプレストン Green Dancer 欧州/芝・マイル〜中距離 Monteverdi 欧州/芝・マイル
レジェンドハンター サクラダイオー 日本/ダ・短距離〜マイル サクラシヨウリ 日本/芝・中長距離
メジロベイリー   サンデーサイレンス 北米/ダ・中距離 マルゼンスキー 日本/芝・マイル
タガノテイオー   サンデーサイレンス 北米/ダ・中距離 Danzig 北米/ダ・短距離
アドマイヤドン   ティンバーカントリー 北米/ダ・中距離 トニービン 欧州/芝・長距離
ヤマノブリザード  タイキブリザード 日本/芝・マイル〜中距離 フアルコン 欧州/芝・短距離
エイシンチャンプ  Mi Cielo 北米/ダ・マイル Manila 北米/芝・中長距離
サクラプレジデント サンデーサイレンス 北米/ダ・中距離 マルゼンスキー 日本/芝・マイル
コスモサンビーム  ザグレブ 欧州/芝・長距離 Rainbow Quest 欧州/芝・長距離
メイショウボーラー タイキシャトル 日本/芝・マイル Storm Cat 北米/ダ・マイル
マイネルレコルト  チーフベアハート 北米/芝・中長距離 タイテエム 日本/芝・中長距離
ストーミーカフェ  アドマイヤベガ 日本/芝・中長距離 Rainbow Quest 欧州/芝・長距離
フサイチリシャール クロフネ 日本/芝ダ・マイル〜中距離 サンデーサイレンス 北米/ダ・中距離
スーパーホーネット ロドリゴデトリアーノ 欧州/芝・マイル〜中距離 エルセニョール 北米/芝・中長距離
ドリームジャーニー ステイゴールド 日本/芝・中長距離 メジロマックイーン 日本/芝・長距離
ローレルゲレイロ  キングヘイロー 日本/芝・短距離〜マイル テンビー 欧州/芝・マイル〜中距離
ゴスホークケン   Bernstein 欧州/芝・短距離 Grand Slam 北米/ダ・マイル
レッツゴーキリシマ メジロライアン 日本/芝・中長距離 バイアモン 欧州/芝・中距離
セイウンワンダー  グラスワンダー 日本/芝・マイル〜長距離 サンデーサイレンス 北米/ダ・中距離
フィフスペトル   キングカメハメハ 日本/芝・マイル〜長距離 Bahri 欧州/芝・マイル

4)勝ち馬の種牡馬がコロコロ変わる

 過去10年の勝ち馬の父が、すべて異なることにも注目しておきたい。さらに遡れば13年連続となっている。

 1999年以降、こうした例を見せる芝の平地GIは他に安田記念だけだったが、今年ウオッカが連覇したことで崩れた。果たして朝日杯はどうだろうか?

 今年の朝日杯出走予定馬ではエイシンアポロンが最有力か。父Giant's Causewayはノーザンダンサー系で欧州のマイル〜中距離で活躍、母の父Sadler's Wellsも欧州中距離で活躍したノーザンダンサー系だ。

 逆転候補はキングカメハメハ産駒ローズキングダムで、ヘイルトゥリーズン系×ナスルーラ系のトーセンファントム、ヘイルトゥリーズン系×ノーザンダンサー系のキングレオポルドあたりも悪くない。

 割り引きたいのは父ナスルーラ系のダッシャーゴーゴーやエスカーダ、エーシンホワイティなどだ。

【エイシンアポロンの血統表】

エイシンアポロンの血統表

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN