JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
朝日杯フューチュリティステークス特集

アポロドルチェ

1週前の追い切りでは、Wコースで軽く時計を出した後にもかかわらず、坂路で800mを50秒台という速めの時計を馬なりでマークする充実ぶり。今週の最終追い切りは、Wコースで馬場の外目を回って直線だけ軽く仕掛ける余裕十分の調整になったが、ラストはスムーズに加速して軽快な動きを披露。きっちり仕上がったと見てよさそうだ。

キャプテントゥーレ

約2ヶ月ぶりのレースになるが、2週前に坂路で800mを55秒台、1週前には川田騎手が乗って800m53.4秒、併せ馬で先着と順調に追い切りを消化しており、間隔あいた影響はそれほど心配しなくて良さそう。最終追い切りは坂路で800mを51.4秒の好タイムだが、開場直後のきれいな馬場でもあり過大評価は禁物。悪い仕上がりではないが、前走からの上積みまではどうか。

スズジュピター

前走から約1週間後には早くも坂路800mで60秒を切る時計を出し始め、1週前追い切りでも800m53.5秒という時計を出しており、中2週ながらこの中間はかなり意欲的な調整過程になっている。最終追い切りも800m51.9秒、ラスト200m12.1秒の好タイムをほとんど馬なりでマークしており、休み明けだった前走からの上昇度は大きそうだ。

ヤマニンキングリー

前走から中3週でのレースになるが、2週前、1週前ときっちり追い切りを消化出来ており、小柄ながらこの中間は加減せずに調教を積まれている。今週はCWコースで長めから併せ馬という最終追い切りになったが、上がり重点だったにしても、ラスト200mで11秒台と鋭く伸びる好調教を披露。初の関東遠征という課題は控えているが、かなり状態は良さそうだ。

サブジェクト

前走から1ヶ月半ほど間隔あいているが、11月中旬から今週まで、4週連続DWコースで長めからの追い切りをこなしており、大レースを意識した意欲十分の調整過程を見せている。今週の最終追い切りは、併せ馬でびっしり追い切られ、1200mで81秒台、ラスト200mを12秒台ならこの馬としては上々の時計。前走以上の状態と見てよさそうだ。

ドリームシグナル

先週の1週前追い切りは、坂路で一杯に追われるも800mで53.9秒、ラスト200mで14秒もかかっており、馬場が重かったにしても動きは案外だった。ただ今週の最終追い切りは、体重の軽いルメール騎手が跨ったこともあるが、テンから飛ばして坂路800mで51.6秒の自己ベストをマークと動きは一変。きっちり態勢は整ったと見てよさそうだ。

ドリームガードナー

2ヶ月半ぶりだった前走で、追い切りわずか2本で快勝したように、それほど調教量を必要としないタイプ。東京遠征帰りの中1週ということもあり、今週はCWコースで実質800mだけの最終追い切りとなったが、ラスト200mは軽く仕掛けられただけで12秒前後をマークする鋭い伸び脚。好調キープと見ていいだろう。

ゴスホークケン

前走から中2週になるが、この中間は先週の日、木曜、今週の日、水曜と4本もの追い切りを消化しており、意欲十分の調整過程には好感が持てる。最終追い切りはポリトラックコースで格下馬を追走から、馬なりで楽に交わす余裕十分の走り。時計も1000mで65秒前後、ラスト200mも12秒前後と上々で、前走以上の状態と言えそうだ。

その他の出走馬

レッツゴーキリシマは、先週、今週と坂路コースで強めに追われて元気いっぱいで、順調そのもの。フォーチュンワードは、中間強い追い切りこそ無いものの、調整は入念にされており好調キープの印象。スマートギャングは、3週連続で坂路コースでの追い切りをこなすなど、意欲十分の調整になっている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN