JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
朝日杯フューチュリティステークス特集

朝日杯フューチュリティステークスとは

将来有望な若駒のためのG1

 創設は阪神ジュベナイルフィリーズと同じく1949年。当初の名称は「朝日杯3歳ステークス」で、長らく関東の2歳(当時3歳)ナンバー1決定戦であった。

 91年、関西の2歳ナンバー1決定戦だった「阪神3歳S」が「阪神3歳牝馬S」に名称を変更し、牝馬の2歳チャンピオン決定戦となった。これに合わせて「朝日杯3歳S」の出走条件は「牡馬・せん馬」と変更され、牡馬の2歳チャンピオン決定戦へと趣を変える。そして2001年、馬齢表示を国際表記に合わせ旧3歳が2歳となった。これに合わせてレース名を「朝日杯フューチュリティステークス」に変更したのである。ちなみに、「フューチュリティ」は英語で「未来」「将来」などの意。未来を担う若駒の競走ということになろう。

 条件は、創設から1958年まで中山芝1100m、59年から61年まで芝1200mで行われたが、62年からは現状と同じ芝1600mで施行されている。中山競馬場以外で行われたことは一度もない。

朝日杯フューチュリティステークス写真一流馬を輩出も、近年はマイラー化

 創設当初からクラシックを賑わす素材を何頭も輩出してきたレースで、古くはトキノミノル、メイヂヒカリ、キタノオー、タケシバオー、アローエクスプレス、マルゼンスキーなどクラシックを盛り上げた素質馬が勝ち名乗りを上げている。

 そして84年、グレード制が導入されてG1に昇格すると、メリーナイス、サクラチヨノオー、アイネスフウジンと、勝ち馬から次々にダービー馬を輩出。91年に2歳牡馬チャンピオン決定戦に昇格するとさらに快進撃。ミホノブルボン、ナリタブライアン、フジキセキ、グラスワンダー、エイシンプレストン、アドマイヤドンなど、後にG1で活躍する名馬たちの登竜門となっている。

 ただし、93年のナリタブライアンを最後に、このレースからダービー馬は出ていない。近年の距離適性の明確化に伴い、このレースの勝ち馬は、後の競走馬生活をマイラーとして送るケースが多いようだ。

1番人気馬中心の堅いG1

 ステップレースとしてG2のデイリー杯2歳S、京王杯2歳S、G3の東京スポーツ杯2歳Sがある。ただし、牡馬チャンピオン決定戦となった91年以降、デイリー杯2歳Sをステップにした馬はなぜか1頭も勝っていない(2着5回)。京王杯2歳S組が4勝、東京スポーツ杯2歳S組が3勝しているのに比べると、不思議な現象である。

 配当的には平穏。1番人気馬が過去10年で一度も4着以下に落ちたことがない、異色のレースである。馬連万馬券も過去10年では一度もない。ここ3年は1番人気馬が3着に敗れているが、すべて2番人気馬が勝っているため、馬連配当も中穴止まりだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN