JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
朝日杯フューチュリティステークス特集

中山芝1600m[Aコース]

コース図おむすび型コースで
外枠不利

 5回中山開催の2週目に施行。今年もAコース使用で行われる。馬場は4回開催で使用した野芝に洋芝(イタリアンライグラス)を混ぜたオーバーシード。馬場状態は良好で、内外ともに痛みは少ない。スタート地点は1コーナー横のポケット。外回りコース使用で、マイル戦はおむすび型のコース形態となっている。

 スタートしてすぐに右に曲がるカーブがあり、外回りコースの山の頂上が最初の難所。多頭数の7、8枠は、脚質を問わず非常に不利となる。フルゲートは16頭だが、外枠を引くと必然的に外々を回らされる。距離のロスがなく競馬を進められる内枠が有利だ。2コーナーから向正面は下り坂。3コーナーから4コーナーニかけてはほぼ平坦で、310mの最後の直線に入る。ゴール前は、残り約200mで2m弱の勾配を駆け上がる急坂が待ち構える。

レース写真(中山芝1600m)テンが速くマイル戦らしい流れに

 過去10年の前半600mの平均タイムは34秒6、後半の600mの平均タイムは35秒3。前半の600mより後半の600mが速かったのは、フサイチリシャールが勝った05年(35秒9‐34秒7)しかなく、通常はテンから厳しいペースで入り、終いの時計がかかる。これは前述したコース形態の影響が大きいのだが、いかにもマイル戦らしい流れになりやすいレースだ。

 よって、まだキャリアが浅い2歳馬であっても、ここまでに厳しいペースを経験し、好走しているかというのが重要になってくる。マイル戦以上の距離経験がある馬でも、道中が緩んだ上がり勝負しか経験していない馬は、ここでは確実に苦戦する。仮に1400mぐらいまでしか距離経験がなくても、厳しい流れを先行して押し切ったことがあるような馬の方が、今回のペースには対応しやすい。

内枠の先行タイプが最強

 最後の直線が短いため、脚質的には直線入り口で前の馬を射程圏内に捕らえる形が理想。逃げ切るのは難しいが、前に行ける馬から入るのがセオリー。内枠スタートから先行して立ち回れるタイプが最強。差しの好走馬といっても、結果的に差すことになったということが多く、最初から終い一手という作戦しか取れない馬は苦しい。昨年大外一気で突き抜けたドリームジャーニーのような勝ち方は滅多に見られるものではない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN