G1特集 第34回 フェブラリーステークスG1特集 第34回 フェブラリーステークス

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > フェブラリーステークス > 2017 > レース情報

フェブラリーステークスとは?

レース情報

昨年のフェブラリーSのスタート直後。JRAのダート重賞で最も古い歴史を持つ。例年、中距離と短距離の強豪が激突。混戦模様の頂上決戦を制するのは?

2017年のG1開幕戦

1984年に創設された5歳(旧表記)以上のG3ハンデキャップ重賞「フェブラリーハンデキャップ」が前身。第1回から東京競馬場・ダート1600mで施行されており、JRA施行のダート重賞では最も古い歴史を持つ。94年には別定戦のG2へ昇格。レース名も現名称の「フェブラリーステークス」へと改称された。

95年に指定交流競走として、地方馬にも門戸を開放。97年に中央競馬で初めてダート重賞競走としてG1に格付けされた。レース名どおり例年2月に行われ、その年の中央競馬のG1開幕戦として定着している。07年には国際競走に指定。外国調教馬は8頭まで出走可能となった。なお、99年には岩手競馬所属のメイセイオペラが地方競馬所属馬として初のJRA・G1制覇を成し遂げている。

中距離馬と短距離馬が激突

芝スタートの東京ダート1600mで行われるフェブラリーS。JRAで唯一のダートマイルコースで中距離馬と短距離馬がぶつかる舞台だ。過去にはカネヒキリやヴァーミリアン、トランセンドといったダート中距離で活躍した王者が優勝馬に名を連ねている。これらは同レースを勝利し、ドバイワールドカップへと挑戦。トランセンドは2着に好走し、ヴィクトワールピサとの日本馬によるワンツーフィニッシュの快挙を達成した。

一方、ノボトゥルーやメイショウボーラーのように短距離実績馬が優勝した例もある。ダート1600mという舞台設定ならではの対決が見られるのも興味深い。昨年は前走で根岸Sを勝利したモーニンが優勝。コパノリッキーの同一G1・3連覇の偉業を阻止してみせた。

混戦模様の頂上対決を制するのは

14年・15年と連覇を達成したコパノリッキー、昨年の覇者モーニンが今年も出走を予定している。これら歴代優勝馬が頂点に立ったその地で再び脚光を浴びるのか、大きな見どころだ。

また、昨年のチャンピオンズCを制したサウンドトゥルーも参戦。マイルの距離で強さを見せられるか、注目だ。根岸Sで強烈な追い込み勝ちを決めたカフジテイク、昨年2着のノンコノユメらも新王者を目指してスタンバイ。混戦模様のダート頂上対決を制するのは果たしてどの馬か、寒さを吹き飛ばす熱戦に期待したい。