JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
フェブラリーステークス特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

エスポワールシチー

前走から2ヶ月半ぶりの実戦になるが、この中間もトレセンで休みなく乗り込まれており、調整過程は順調と言える。3週前には早くも坂路800mで51.3秒の好タイムを余裕残しでマーク。今週はCWコースで前半こそややセーブしたが、直線に入って追われると、重い馬場を物ともせずにラスト200m11秒台の素晴らしい伸び脚を披露した。万全の状態と見てよさそうだ。

サクセスブロッケン

前走から2ヶ月近く間隔あいたが、プール調教を併用しながらここ3週は強めの追い切りをきちんと消化しており、調整過程は順調だ。最終追い切りは松田騎手が乗り、坂路で単走というメニュー。しっかり追われ、800mで51.8秒、ラスト200mは12.6秒の好タイムをマークした。力を出せる仕上がりと見てよさそうだ。

テスタマッタ

前走後はレースの4日後に早くも馬場入りを開始し、2月上旬からは連日の様に時計を出しており、意欲的な調整過程には好感が持てる。最終追い切りはCWコースで岩田騎手を背に、障害馬を追走する形でスタート。直線で内に併せ、追われると一気に突き放した。ラスト200mの12秒台半ばは、この馬としては合格点。前走以上の状態で出走できそうだ。

リーチザクラウン

前走から約2ヶ月ぶりになるが、放牧先から帰厩して以降のここ1ヶ月は入念な調教を積まれており、調整過程に不安はない。1週前には速い時計が出るPコースとはいえ、1000m60秒台と破格のタイムを叩き出す好調教を披露。今週は微調整にとどめたが、ほとんど馬なりのまま併走馬を置き去りにする圧巻の動きを見せた。絶好の状態と見てよさそうだ。

レッドスパーダ

中1週で使った後の中2週と強行軍だが、先週、今週ときちんと追い切りを消化出来ており、疲労残りの心配は皆無と見ていいだろう。最終追い切りはいつも通り坂路コースで横山典騎手を背に僚馬と併せ、ほぼ馬なりながら800mで50.0秒、ラスト200mも12.4秒と、この馬としては速い時計をマークした。連勝後でもまだ昇り調子という印象だ。

グロリアスノア

結果を出した前走時と同様にプール調教を併用しながら順調に調整されており、休み明けで激走した反動は心配しなくていいだろう。最終追い切りはCWコースで小林慎騎手を背に、格下馬を追いかける形でスタート。直線入り口で内から並びかけ、ラストはきっちり先着してまずまずの動きを見せた。前走時の状態は維持している印象だ。

スーニ

この中間、強い追い切りは1本だけだが、前走から中2週でそれほど本数を必要としないタイプだけに、調整過程には全く問題なしと見ていいだろう。最終追い切りは助手が乗り、坂路で単走追い。前半こそややセーブしたが、後半追い出されると真一文字に駆け上がり、ラスト200mは12.0秒と上々の伸び脚を見せた。前走以上の状態と見てよさそうだ。

オーロマイスター

昨年末から連戦続きだが、中2週の今回でも軽めを含めて中間に3本もの追い切りを消化しており、意欲的な調整過程を見せている。最終追い切りはWコースで吉田豊騎手を背に単走で追われた。調教駆けしないだけに時計は地味だが、走りには安定感十分で動き自体は全く問題なし。ここ数戦の好状態をしっかりキープ出来ていると見ていいだろう。

その他の出走馬

ダイショウジェットはCWコースで2週続けてハードに追われ、まずまずの動きを見せており、馬体も若干絞れてきそう。ローレルゲレイロは先々週、先週と2週続きで坂路800mの一番時計をマークしており、状態面に関しては問題無いと見ていいだろう。スーパーホーネットは終いバテ気味だったものの、CWコース1200mで78秒台の一番時計をマークするハードな追い切りを消化しており、東京への輸送で仕上がりそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN