JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
フェブラリーステークス特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

エスポワールシチーG1・4連勝を狙う現役最強馬

 

エスポワールシチー写真
JCダートを鮮やかに逃げ切ったエスポワールシチー
昨年のJCダートでは1番人気に応える見事な逃げ切り勝ち。1枠発走からスムーズに単騎でハナに行けるという理想的な展開だったが、2着のシルクメビウスに3馬身半もの差をつける完勝劇。2走前の南部杯も大楽勝、昨春のかしわ記念ではカネヒキリを下しての優勝と、国内現役最強ダート馬と言っていい存在だ。JCダートからの直行は当初の予定通り。今回は芝からの転戦馬が多く、逃げ・先行争いが激しくなる可能性はあるが、逃げるのが絶対条件の馬ではない。ダートでのスピード能力・地力は断然で、4つ目のG1タイトル獲得は目前。

サクセスブロッケン昨年レコードで本競走を制覇

 

サクセスブロッケン写真
東京大賞典で復活の勝利を挙げたサクセスブロッケン
昨年のフェブラリーSをレコードで制して以降、ふがいない競馬が続いていたが、前走東京大賞典で久々の勝利を飾り、G1・3勝目を挙げた。前走は大外枠発走の上、大井の2000mという舞台。この条件を得意としているヴァーミリアンを差し切ったのは価値ある内容だった。本来はマイル戦の方が折り合いやすいし、高速時計決着も望むところ。エスポワールシチーを地力で負かす能力は持っている。主戦の内田博幸騎手が落馬負傷からカムバックできそうなのも好材料。ただし、昨年は有利な8枠スタートだったという点だけは注意が必要だ。

テスタマッタ希望の光が見えた川崎記念

 

テスタマッタ写真
ジャパンダートダービーを制したテスタマッタ
半年以上勝利から遠ざかっているが、前走川崎記念が3着で希望の光が見えてきた。というのも、2走前の浦和記念3着後にノドの手術をしたため、おそらく万全とは言い難いデキだったはず。距離の2100mもベストではないはずで、まだ良化の余地を残しているからだ。昨年のジャパンダートダービーでシルクメビウスを負かして優勝しているように、粒ぞろいの現4歳勢の中でもトップクラスの実力馬。500万クラスの東京ダート1400mで見せた強烈な決め手を見る限り、東京マイルの適性は十分あるだろう。強力な5歳勢に肉薄できてもいい。

グロリアスノア力の違いを見せた根岸S

 

グロリアスノア写真
根岸Sを豪快に突き抜けたグロリアスノア
前走根岸Sはサマーウインドら上がりを中心に好メンバーが揃った一戦ではあったが、本馬が11番人気とはあまりにも低い評価だったのではないだろうか。休み明けが嫌われたのかもしれないが、昨年9月のエニフSでは古馬を相手に豪快に差し切り勝ち。6月のユニコーンSではシルクメビウスから0.3秒差の2着の実績があった。東京コースの適性が高く、G3の前走では力が一枚上の印象を受けた。今回と同じ舞台で強敵相手に好パフォーマンスを演じていることから、初の古馬G1でも楽しみはあるだろう。

レッドスパーダ血統的にはダートもこなせそうだが

目下、ニューイヤーS、東京新聞杯と連勝中だが、今回は芝の実績に注目しても意味がない。まだキャリアが9戦と浅いもののダートは未経験。ダートでどれぐらいのパフォーマンスができるかは全くの未知数だ。父タイキシャトル×母父Storm Catの配合馬といえばメイショウボーラー。同馬は芝・ダート両方で活躍し、05年の本競走ではレコードで優勝した。血統的にはダートをこなせる可能性は十分あると見て取れる。しかし、同馬はガーネットS→根岸Sと連勝しており、この点が本馬と大きく異なる。初ダートがG1というのは、常識的に考えると過酷だ。

スーニ折り合いがカギだが軽視禁物

前走根岸Sは大外枠からの発走。1ハロンを過ぎたあたりから掛かり気味に先行してしまい、外目の2、3番手という競馬。その分、最後の直線で伸びを欠いてしまい4着に終わった。1200〜1400mの距離がベストの馬だが、前に壁を作ってスムーズに折り合えないとレースがしにくそう。今回は1ハロン伸びるので、その点がより重要になってくる。前走より斤量が1キロ減るという好材料もあるため、マイル戦といえど軽視はできない。昨年のJBCスプリント、08年の全日本2歳優駿と、JpnT・2勝の実績がある。

ダイショウジェット好走時は常に人気薄

前走平安Sは4着。13頭立てながら大外枠スタートで、終始馬場の外々を回らされたのが厳しかった。決して力負けではなく、昨年の武蔵野Sでは人気馬に割って入り、11番人気ながらワンダーアキュートの2着と好走。地味なタイプで、好走時は常に人気がないが、G3のタイトルならば手が届く存在だ。もっとも、今回はG1競走。2走前のJCダートがG1初挑戦で、結果は10着。厚い壁を感じざるを得ない内容だったことは確かだ。昨年、不良馬場の欅Sで1分22秒1で快勝。勝ち負けまでは微妙も、時計面の不安はないため、穴で押さえる手も。

リーチザクラウン気性はマイラーもダートは未経験

レッドスパーダと同様、ダートは全くの未経験。血統面を見ると、母父シアトルスルーは77年に史上初めて無敗で米国3冠を制した名馬で、母は現役時代に中央のダートで1勝を挙げた。しかし、父スペシャルウィーク自身は完全な芝馬で、産駒にダートの重賞ウイナーもいない。よって、血統面から推せる根拠はレッドスパーダよりも薄い。気性的にはマイラーの面があり、砂を被らずに先行できそうな可能性はあるが、果たしてそのまま押し切れるかどうか。芝並の時計が必要なレースではあるが、ダートで速い時計を出せるかは別次元の問題だ。

オーロマイスター安定感はあるがパンチ力を欠く

昨年の6月にダート路線に変更。その後は【4.3.1.1】という安定した成績。唯一着外となった4走前のトパーズSは大外枠発走の不利があったものであり、まだダートで大崩れはしていない。この底を見せていない点は魅力だが、ややパンチ力を欠くという見方もできる。前走根岸Sでは直線外から脚を伸ばすも3着。溜めれば切れる脚を使うタイプだが、オープンクラスに入ってからの迫力はひと息。2走前はオープン特別で僅差の1着だったし、近走の着差と相手関係が現状の力を示している。まだG1で突き抜けるイメージはなく、3着でも大善戦だろう。

ワイルドワンダー実績上位も苦しいか

08年の本競走ではヴァーミリアン、ブルーコンコルドに次ぐ3着、その他にも南部杯2着、かしわ記念3着と、左回りのマイルG1実績はメンバー中トップクラスだ。約1年ぶりに戦線復帰した昨年の武蔵野Sでは3着と好走。メンバー中最速タイの上がり36秒2の決め手を見せ、地力があるところを見せた。しかし、その後の2戦が10着、9着。2走前のカペラSは距離不足と前残りの展開で仕方がないが、前走の根岸Sは上がりも平凡で、不満が残るところだ。年齢的にも全盛期の力は望めないため、苦しい戦いになりそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN