JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
フェブラリーステークス特集トップへ
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

フェブラリーステークスとは

JRAダートの歴史を先導

 1984年に創設された「フェブラリーハンデキャップ」(G3)が前身。現在JRAで行われているダート重賞競走としては、最も古い歴史を持つ。

 194年、負担重量を別定としてG2に格上げされ、レース名も「フェブラリーステークス」に改称された。翌95年からは地方馬も出走可能になり、97年、負担重量を定量に変更してJRA初のダートG1へ昇格する。マイルダートの国内ナンバー1決定戦といえる。

 2月後半という時期は、3月末に行われるドバイワールドカップの前哨戦としての意味合いも持つ。このレースで上位に入ってドバイへ挑戦する馬も数多く見られる。

 条件は、創設からずっと東京競馬場ダート1600m。2003年のみ、東京競馬場が馬場改修のため中山競馬場ダート1800mで行われた。昨年から国際競走となったが、まだ海外からの挑戦例はない。

フェブラリーステークス写真そうそうたるダートの強豪を輩出

 冬の府中で行われる名物レースである。創設当初は中央競馬にダート重賞そのものがほとんどなかった。当時芝コースがなかったためにダートで行われていた札幌記念とともに、ダート強豪の目標となるレースであった。ハンデG3戦時代でも、アンドレアモンやカリブソング、ナリタハヤブサなどダートの名馬がこのレースを勝っている。

 別定G2になってライブリマウント、ホクトベガといったダートチャンピオンを輩出。さらにダート路線が整備され定量G1となってからは、ウイングアロー、アドマイヤドン、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど名実ともにダートのナンバー1ホースがこのレースを勝っている。

 最初に芝を約100m走るため、芝のダッシュ力もある程度は必要。アグネスデジタルやメイショウボーラー、グルメフロンティアのような芝ダート兼用馬も数多くこのレースを勝っている。

上位人気馬中心もちょい荒れ傾向

 ステップレースは1400mの根岸S、1800mの平安Sが中心だが、2100mの川崎記念や2000mの東京大賞典からここを目指す馬もいる。昨年からJCダートが阪神1800mに変更されており、JCダートとの連動も以前より増えそうである。

 基本的に初ダートの馬は苦戦。G1昇格後では、トゥザヴィクトリーが3着に入ったのが最高である。一度もダート戦を使わず、「G1だから使う」ような使い方では、このレースは勝てない。

 基本的に上位人気馬で決まる堅めのレースだが、1・2番人気で決まったのは過去10年で一度だけ。馬連でいうと10〜30倍ぐらいの中穴が出やすいレースである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN