JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
フェブラリーステークス特集トップへ
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

カネヒキリ完全復活を果たした歴代最強馬

カネヒキリ
川崎記念を制し、G1(Jpn1)7勝目を挙げたカネヒキリ
屈腱炎から奇跡の復活を果たした昨年のJCダート。その後の反動は見られず、すぐに年末の東京大賞典を使い、ライバルのヴァーミリアンを競り落として優勝を飾った。JCダートの勝利は鞍上の手腕が大きいように見えたが、東京大賞典ではスローの上がり勝負ながら真っ向勝負でヴァーミリアンをねじ伏せた内容。ダートの歴代最強馬が完全復活を果たした。今年は川崎記念から始動し、平地G1勝利数最多タイとなる7勝目をマーク。本競走で記録更新に挑むことになる。06年にすでに本競走を制しており、今回の条件でも死角はない。勝ち負け必至。

ヴァーミリアン揺らぎかけた栄光を取り戻す戦い

ヴァーミリオン写真
園田のJBCクラシックを優勝したヴァーミリアン
長らく国内のダート界では無敵の存在だったが、同世代のカネヒキリの復活で状況が一変。昨年のJCダートは3着、東京大賞典は2着と苦杯を舐めた。自身の本格化前の成績を含み、対カネヒキリの成績は3戦全敗。これまでの栄光が揺らぎかねない状況に陥りつつある。しかし、年齢による衰えは考えにくく、着差もわずかなので、リベンジの目は十分にある。鞍上の武豊騎手の怪我が癒え、調子を取り戻したことも明るい材料だ。東京大賞典以来のローテーションになるが、結果的に川崎記念を取り消した昨年と同じ。東京のマイル戦も合っている。

サンライズバッカス絶好の舞台で巻き返しを期す

豪華メンバーにかすみがちだが、07年の本競走の覇者。当時は相手関係に恵まれた感はあるが、ブルーコンコルドを物差しにすれば東京のマイル戦での強さは紛れもなくG1級。斤量差はあったが、3歳時の武蔵野Sではカネヒキリを負かしたこともある。前走の平安Sはスローペースとなり中団以降の差し馬には出番がない展開。しかも、最後の直線で窮屈になり、全く力を発揮できずに終わってしまった。最高のパフォーマンスが見込める絶好の舞台で巻き返したい。

フェラーリピサ根岸Sを完勝し、初のダートG1挑戦

フェラーリピサ写真
休み明けの根岸Sで地力を見せたフェラーリピサ 
顔面神経痛という奇病に冒され、昨年のエルムS以降戦列を離れていたが、前走の根岸Sで鮮やかな復活劇。序盤から好位の外目のポジションを奪い、直線半ばまで持ったままの凄い手ごたえ。最終的にはヒシカツリーダーの強烈な末脚にクビ差まで迫られたが、着差以上の完勝と言える内容だった。東京ダート1400mのレコードホルダーで、時計勝負には自信を持っている。東京のマイル戦も【1.1.0.1】で対応できる。問題は今回、ダートのG1が初めてで、相手が格段に強くなること。上位争いに加わるには、前走を叩いての上積みが欲しいところだ。

バンブーエール1400m以下がベストも侮れない

バンブーエール写真
4連勝で園田のJBCスプリントを快勝したバンブーエール
1年弱の休養を経て、昨年7月のプロキオンSで戦線復帰。同レースは4着に終わったが、続く北陸Sを快勝すると、そこから怒涛の4連勝。園田のJBCスプリントまで突っ走り、重賞初制覇がJpn1となった。今年は根岸Sから始動するも1番人気で5着に敗退。休み明けの上、59キロの斤量が響いたか、最後の直線での反応が鈍かった。ダート短距離の王者だが、3歳時には2000mのジャパンダートダービーとダービーグランプリで連続2着。ベストは1400m以下だが、距離の柔軟性はあるタイプで見限れない。叩き2戦目で変わり身があれば侮れない。

カジノドライヴ再びめぐってきたG1への出走権

レーティングにより与えられた優先出走権で出走を果たした昨年のJCダートは6着。3番人気を下回る結果だったが、国内のダート実績が新馬勝ちのみだったことを考えると、アメリカでの経験・実績は伊達ではなかったようだ。カネヒキリから0.5秒差で、同世代のサクセスブロッケンを上回る結果。今後の成長が非常に楽しみとなった。自己条件から再スタートを切った前走のアレキサンドライトSは期待通りの楽勝。今回も賞金面での出走は苦しかったが、ダイワスカーレットの故障などにより出番がめぐってきた。このツキを生かしたいところだ。

サクセスブロッケンテンションが高く折り合いがカギ

昨年のJBCクラシックでヴァーミリアンと0.1秒差の2着に好走後、案外な成績が続いている。カネヒキリを中心とする超強力7歳世代の壁にぶつかっている形だが、自身のレース内容にも課題を残している。前走の川崎記念ではパドックからテンションが高く、イレ込み気味。中距離のスローペースだと、スムーズに追走しにくい印象だ。そういう意味では、距離短縮はプラスの可能性も。道中が速くなるマイル戦の方が折り合いはつきやすいかもしれない。実際、昨年のヒヤシンスSは圧勝している。高い潜在能力を爆発させられるかがカギ。

ヒシカツリーダー差す競馬を完全にマスター

2走前のジャニュアリーSは逃げた馬が2着に残る展開を外から一気に差し切り3馬身差での圧勝。1分09秒9の時計も良馬場としては破格の数字で、完全に末脚を溜める競馬をマスターした。前走の根岸Sはフェラーリピサを捕らえきれず2着に惜敗したが、メンバー中最速の上がり35秒0の決め手が炸裂。初の東京コースだったが、全く問題なく、むしろ末脚を生かす同馬にとっては格好の舞台に見えた。今回は相手がさらに強くなるが、基本的に本競走は前半からペースが速くなる一戦。思わぬハイペースになれば、チャンスが出てくるかも。

エスポワールシチー平安Sで連勝がストップ

圧倒的1番人気に支持された前走の平安Sは2着。ついにダートで初の黒星がついた。2枠の発走から楽に先手を奪い、スローペースに落としての逃げ。上がり勝負に持ち込んだため、自身の脚は止まっていないが、この敗戦は痛手。相手にも上手く乗られたとはいえ、58キロのワンダースピードにねじ伏せられるようでは、G1へ向けて心もとない。3走前の錦秋特別では、一週後に行われた武蔵野Sより0.7秒も速い時計で逃げ切っているが、G1で同じ戦法が通用するかどうか。まだ4歳馬で上昇の余地は残しているだろうが、今回は厳しい印象。

キクノサリーレ武蔵野Sの優勝馬だが前走は失速

昨年11月に武蔵野Sを制しながら、賞金が足りずにJCダートは除外。よって、次走はOP特別のベテルギウスSに駒を進めたが、1.8倍の1番人気を裏切り6着に惨敗。道中折り合っていたにもかかわらず、終いの脚をなくしたところを見ると、距離が長かったのかもしれないが、それにしてもだらしない内容だった。2走前の武蔵野Sは堂々の内容だったが、同レースの上位馬がその後のレースで不振であることを考えても、コース実績があるとはいえ、今回は強気になれない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN