JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

リトルアマポーラ 古馬初対戦で悲願のビッグタイトル[2008年]

順調なスタートを切った素質馬

 リトルアマポーラの素質は誰もが認めていたはずだ。

 父はアグネスタキオン。種牡馬デビュー以来、ロジックやダイワスカーレットといった活躍馬を送り出し、偉大なるサンデーサイレンスの後継者として注目を集め始めていた存在だ。祖母はルイジアナピット。JRA賞最優秀5歳以上牝馬(現在の最優秀4歳以上牝馬)に選出されたほどの名牝である。

 実際、リトルアマポーラは競走馬として順調なスタートを切った。2007年の12月にアッサリと新馬勝ちを決め、続く500万下では重賞好走歴のある牡馬ミッキーチアフルに2馬身の差をつけてデビュー2連勝を飾ったのだ。3歳初戦の京成杯では4着に敗れたものの、相手はマイネルチャールズやベンチャーナインといった、クラシックでも活躍する牡馬勢。悲観する敗戦ではなかった。

初重賞制覇も、意外な足踏み

リトルアマポーラ写真

 その後リトルアマポーラはデイリー杯クイーンCへと進み、重賞初制覇を果たす。後続に1馬身4分の1差をつけた力強い末脚は、牝馬クラシックの中心を担うのに十分な威力を感じさせた。

 が、ここからリトルアマポーラは勝ち運から見放される。

 2番人気で迎えた桜花賞では後方から怒涛の追込みを見せたが、伏兵レジネッタからコンマ2秒の5着に終わる。

 その鋭いラストスパートゆえにオークスでは1番人気に推されたリトルアマポーラだったが、ここでは桜花賞で8着に敗れていた前年の2歳女王トールポピーが鮮やかに復活、リトルアマポーラ自身は7着にとどまる。

 雪辱を誓った秋華賞では11番人気ブラックエンブレムが激走の勝利、リトルアマポーラはまたも追込み及ばず6着に甘んじたのだった。

世界の名手が採った絶妙な先行策

 毎レース、着実に末脚を伸ばしてくるが届かず。そんな走りを繰り返して、3歳牝馬三冠を未勝利のまま終えたリトルアマポーラ。どうしても欲しいGIタイトルを狙って第33回エリザベス女王杯へと駒を進めたのだが、そこに待っていたのは古馬牝馬のトップ・カワカミプリンセス。これまで以上の苦戦も予想された。

 ところが鞍上に世界的名手、C・ルメールという心強い味方を得たリトルアマポーラは、乾坤一擲の走りを披露する。

 いつもより前、4〜5番手の位置でレースを進めたリトルアマポーラは、流れに乗ったままコーナーを回り切り、直線半ばでは先頭へ。外から伸びてきたカワカミプリンセスを1馬身半差後ろに従えて、そのまま1着ゴールを果たす。

 悲願だったビッグタイトルが、デビュー以来となる先行抜け出しの正攻法によってもたらされた瞬間だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN