JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第37回 エリザベス女王杯特集 2012年11月11日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2200m

【ホエールキャプチャ】春はヴィクトリアマイルを制覇

ホエールキャプチャ写真
巻き返しを果たしたいホエールキャプチャ

2〜3歳時はあらゆる競馬場・距離のレースで好走を果たす抜群の安定感を見せていたが、G1は未勝利。昨年のエリザベス女王杯は4着に終わった。今年のヴィクトリアマイルで待望のG1を果たすこととなったが、反面着順を落とすケースが多くなってきた。宝塚記念の14着は仕方がないが、前走府中牝馬Sが11着。好位追走から抜け出しにかかるところで末脚が鈍った。距離の守備範囲が縮まっているのかもしれない。ただ、前走着差は0.6秒でそれほど大きく離されおらず、春も休み明けの中山牝馬Sは5着。それを考えると、変わり身自体は見込めるだろう。


【ヴィルシーナ】G1初制覇のチャンス

ヴィルシーナ写真
三冠惜敗のうっぷんを果たしたいヴィルシーナ

クラシックを含む三冠戦線はすべて2着。ジェンティルドンナの壁を突き破ることはできなかった。前走秋華賞が最も惜しいレースだったが、前半1000mが62秒2のスローペースを内で引っ張る形。途中からチェリーメドゥーサにまくられはしたが、ほぼ理想的なレース運びだった。勝ち馬の方が苦しい展開であり、現時点でもジェンティルドンナとの能力差はまだ少しありそうだ。ただ、今回は三冠馬が不在。スノーフェアリーら外国馬も今年はいない。今年の3歳世代のレベルは高く、国内の年上牝馬が相手でも、G1初制覇のチャンスと言えるだろう。


【フミノイマージン】勝ち切るためには

フミノイマージン写真
札幌記念を豪快に差し切ったフミノイマージン

京都大賞典は紅一点ながら1番人気に推されての出走。札幌記念では大外をまくりきってダークシャドウ以下を差し切っており、前走受けた高評価は妥当なものと言える。だが、京都大賞典のメンバー自体は小粒。叩き合いで負かされた相手がメイショウカンパクという点も、札幌記念よりもパフォーマンスを下げている印象を受ける。2400mの距離は長い感じだが、2200mのG1を狙う馬ならば守備範囲であってほしい距離。あとは、結局最後の直線で外を回さなければいけないため、距離をロスするリスクが大きい。昨年のエリザベス女王杯もかなり外を回されての8着だった。勝ち切るためには思い切った騎乗が必要かもしれない。


【マイネイサベル】府中牝馬Sで久々に弾ける

マイネイサベル写真
府中牝馬Sで重賞2勝目を挙げたマイネイサベル

一昨年の新潟2歳S以降、勝利からは遠ざかっており、近2走も関屋記念が4着、新潟記念が17着。牡馬相手の重賞だったとはいえ、大きな変化は感じられなかった。前走府中牝馬Sで10番人気の低評価だったのも致し方がない。ところがふたを開けてみると、力強い末脚で豪快な差し切り勝ち。馬体重を絞ったことと、うまく脚を溜める競馬ができたことで久々に弾けた。ただ、過去10年、府中牝馬S→エリザベス女王杯と連勝した馬はいない。2着を拾うのも簡単ではないという傾向があり、高い評価はしにくい。京都芝コースへの対応も課題だ。


【アカンサス】嵌れば末脚強烈

今年1月の初富士Sを勝利した後は福島牝馬S3着が目立った実績で、オープンクラスではやや苦しい競馬が続いていた。しかし、前走アイルランドTでは久々にこの馬らしい競馬。直線外からグイグイと末脚を伸ばし、リルダヴァルをゴール寸前で差し切った。展開に左右されるタイプで、嵌るかどうかがポイント。ペースが速かった昨年の秋華賞ではメンバー中最速となる上がり34秒2を繰り出して4着。3着ホエールキャプチャとは0.1秒差に迫る走りを見せており、重賞でも十分に戦える地力は持っている。

【オールザットジャズ】一時期の勢いはない

昨年は500万特別を勝利直後、格上挑戦で参戦。結果は後方追走のまま15着に終わった。しかし、そこから快進撃が始まり1000万→1600万クラスを連勝。中山牝馬Sで2着と好走した後、福島牝馬Sで重賞初勝利を飾った。目覚ましい成長を遂げ、今年はどれだけ着順を上げてくるかに注目したいところだが、近走の成績はよくない。ヴィクトリアマイル16着後、立て直しを図って挑んだクイーンSは5着。前走府中牝馬Sが8着。いずれも0.5秒差以内の入線だが、一時期の勢いはない。まずは前走で大きく減らした馬体重を戻したいところだ。

【スマートシルエット】京都芝2200mにどこまで対応

前走府中牝馬Sはシースナイプを目の前に見ながら単独2番手からの競馬。最後の直線では先頭に立つも、外からきた勝ち馬の勢いに屈して2着に終わった。しかし、10年の府中牝馬S3着の時よりも着順を上げ、内容的にも平均ペースの流れを踏ん張ったもので価値はある。今回ポイントとなるのは京都芝2200mへの対応。先行馬ながら終い33秒台の脚でまとめることができるが、京都芝コースは3着が最高。勝ち鞍も1600〜1800mに集中。10年の萬代橋特別(新潟芝2200m)ではレコードで圧勝も500万クラスの一戦。少し評価が難しい。

【ピクシープリンセス】デムーロ騎手で格上挑戦

3戦目の小倉芝2000mで初勝利。その後の2勝はいずれも平場戦だが、前走京都芝2400mのレースは強い勝ちっぷりだった。縦長隊列の4番手から追走し、最後の直線は外に持ち出されての追い出し。残り150mで差し切ると、グングン突き抜けて結局4馬身の差をつけた。トビが大きいタイプで瞬時の反応はやや鈍いが、エンジンがかかっての末脚はなかなか。2000m以上の距離にも適性がありそうだ。ただ、今回は格上挑戦。オープン初挑戦がG1という相当高いハードル。常識的には厳しい。前走に引き続きM.デムーロ騎手が騎乗予定。天皇賞(秋)制覇で波に乗る名手の腕でミラクルを起こせるか。

【マイネジャンヌ】突如スイッチが入る

過去、重賞では昨年のローズSが7着という実績。その後は自己条件の1000万クラスで足踏みが続き、今年6月に500万クラスに降級した。そこでも2戦勝ち切れなかったが3走前の都井岬特別で1着。続く野分特別は前2頭が激しく飛ばす厳しい流れを早めに先頭に立って押し切る強い内容で連勝。前走大原Sではオーシャンブルーとの競り合いに惜敗しての2着。突如スイッチが入り、力をつけているのが目に見えてわかる。このままいけば近いうちに牝馬重賞で活躍が見込めそうだ。G1ともなると話はまた別だが、どこまで通用するか楽しみ。

【レインボーダリア】タフな流れで浮上

昨年のエリザベス女王杯は条件クラスの身ながら格上挑戦し、結果は5着。中団の内々からしぶとく伸びて掲示板を確保する善戦を見せた。その後、自己条件に戻ってから勝ち上がりに手間取り、3走前の五稜郭特別で1600万クラスを脱出。2走前のクイーンSは8枠スタートで4着、前走府中牝馬Sも4着。速くて鋭い末脚がないため、前走の上がり3ハロン32秒9などはこの馬にとって精一杯の力だろう。中央場所のレースでは厳しい中にも、確かな成長を見せている。昨年のようにタフな流れになれば、5着以上の結果も期待できる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN