JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第35回 エリザベス女王杯特集 2010年11月14日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2200m

エリザベス女王杯とは

中距離女王決定戦

 1970年、3歳(現表記 以下同)牝馬三冠の最終戦として創設された「ビクトリアカップ」が前身。75年にエリザベス女王が来日されたのを記念して、翌76年から「エリザベス女王杯」が新設された(ビクトリアカップは廃止)。競走条件はビクトリアカップを踏襲し、京都競馬場芝2400m(外回り)の条件で、3歳牝馬限定の混合競走として施行。84年のグレード制導入ではG1に格付けされた。

 96年、牝馬競走体系の整備に伴い、競走条件が3歳以上に変更。距離は芝2200m(外回り)に短縮された。3歳牝馬三冠の最終戦には「秋華賞」が新設され、エリザベス女王杯は3歳馬と古馬が一堂に集う、中距離女王決定戦となった。

 99年、国際競走に指定され、外国馬の出走は5頭まで認められた。07年に外国馬の出走は9頭に拡大。また08年から4週連続の国際G1をシリーズ化した「ジャパン・オータムインターナショナル」に指定されている。

近年、牝馬のトップクラスは牡馬混合戦に出走

エリザベス女王杯写真

 歴代の勝ち馬には、競走条件が変わった96年に古馬の風格を見せつけたダンスパートナー、2連覇を成し遂げたメジロドーベル、ドバイワールドC以来の出走をモノともせず大接戦を制したトゥザヴィクトリー、無敗のまま圧倒的な強さで優勝したファインモーション、三冠馬スティルインラブに勝ち翌年も勝利したアドマイヤグルーヴなど。その時代を代表する牝馬が並んでいる。

 しかし近年、牝馬のトップクラスは牡馬混合戦に出走するケースが目立つ。07年にこのレースを3歳で制したダイワスカーレットは翌年、天皇賞(秋)→有馬記念という路線を歩んだ。またウオッカは3歳時にこのレースを取り消しになってから、一度もこのレースに出走していない。そして今年も古馬牝馬を代表するブエナビスタが秋の古馬三冠に挑んでいる。

3歳馬と古馬は互角

 競走条件が変更された96年から01年まではすべて古馬の勝利だった。しかし、02年にファインモーションが3歳馬として初の優勝を成し遂げると、3歳馬の活躍が目立ち、06〜08年は3連勝。当初は圧倒的に古馬が強かったが、過去10年では3歳5勝、古馬5勝とまったく互角の成績になっている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN