JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
エリザベス女王杯特集

エリザベス女王杯とは

中距離女王決定戦

 1970年、3歳牝馬三冠の最終戦として創設された「ビクトリアカップ」。これがエリザベス女王杯の前身である。1975年、エリザベス女王が来日されたのを記念し、翌年から「エリザベス女王杯」として施行されることになった。改称ではなく新設のため、76年が第1回である。

 1995年の第20回まで、京都芝2400m(外回り)で3歳(現表記)牝馬限定の混合競走として行われた。そして1996年、3歳牝馬限定のG1秋華賞が新設されたため、エリザベス女王杯は3歳以上の牝馬限定戦に変更される。距離も芝2200mと200m短くなっている。

 秋華賞ができるまで、3歳牝馬限定G1に外国産馬は出走できなかった。したがって、3歳限定戦だった時代は長らく外国産牝馬の目標レースでもあった。

 昨年の春にヴィクトリアマイルが新設されて、今は春と秋に古馬牝馬G1が存在する。ヴィクトリアマイルがマイル女王決定戦とすれば、エリザベス女王杯は中距離女王決定戦と呼べるだろうか。

エリザベス女王杯写真近年は3歳馬が主力を形成

 条件が3歳以上となってから、3歳馬と古馬の対決が大きな興味を呼んでいる。条件変更後過去12回のレースでは、3歳馬が4勝2着3回3着1回、4歳馬が5勝2着6回3着5回、5歳馬が3勝2着3回3着5回。6歳以上の馬は一度も3着以内がない。3〜5歳馬が拮抗しているといえよう。

 3歳以上となってからしばらくは分が悪かった3歳馬だが、ここ6回で4勝2着1回。明らかに主力となってきた。ただし、04、05年のように、1頭も3着以内に入っていない年もある。世代間のレベル差も考えるべきだと言えるだろう。

瞬発力勝負で大穴は出にくい

 ステップレースは、やはり秋華賞と府中牝馬Sが中心。この2レースから挑戦するのが一般的であり、条件戦から挑戦した馬は1頭も3着以内がない。なお、天皇賞(秋)や京都大賞典、毎日王冠、札幌記念をステップとした馬の成績もいいが、今年はこれらのレースをステップとした馬の出走はない。

 今年は2頭の外国調教馬の出走が予定されているが、過去に外国馬は4頭出走し、最高がタイガーテイルの3着。

 ペース的には、ゆったりと流れて上がり3ハロンの瞬発力比べとなることが多い。上がり33〜34秒台の脚を持っていない馬では苦しいようだ。

 基本的には大荒れがないレース。馬連でいうと荒れても20〜30倍台で収まっている。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN