JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
エリザベス女王杯特集


京都芝2200m〔Bコース〕

コース図先週は馬場が渋ったがタイムに影響はなし

 本競走は秋の5回京都開催4日目に施行。本開催は前半がBコース使用で、後半がCコース使用。本競走は01年からBコース使用となっている。連続開催の前開催(4回開催)がAコース使用で、今週はBコースの2週目となる。先週は小雨の影響で、馬場がやや渋った中でのレースだったが、時計面での影響はほとんど見受けられない。土曜日の京洛S(芝1200m)では1分07秒8のタイムが出ていた。内ラチ沿いを避けるような芝の痛みはほとんどなく、おそらく良好な馬場状態でのレースが見込める。例年好天に恵まれ、過去10年の本競走はすべて良馬場で施行。芝は野芝に洋芝(イタリアングラス)をオーバーシードした状態だ。

クセがないシンプルなコース設定

 京都芝2200mは、外回りコース使用でクセがないシンプルなコース設定。概ね全馬がフルに力を発揮しやすい舞台と言える。スタート地点は正面スタンド前直線の入り口付近。内回りの芝2000mより単純に200m距離が伸び、最初の1コーナーまで距離があるので、スタート直後の先行争いは秋華賞よりは激しくならない。しかし、スタート直後の攻防を含めた前半600mと続く600m。つまり、前半1200mの流れがレース展開を大きく左右する。

レース写真(東京芝2000m)前半1200mまでの流れをどう読むか

 過去10年の本競走の前半600m通過の平均タイムは35秒6、続く600mの平均タイムは37秒0。一般的にはこの数字を水準とし、速く流れるようならば逃げ・先行勢が苦しく、差し・追い込み馬が有利。遅く流れるようならば差し・追い込み馬が苦しく、前残りで逃げ・先行馬が有利となる。ちなみにダイワスカーレットが逃げ切った昨年の前半600mは36秒2。強い馬に序盤をこれだけ楽に入られたら、勝つのも当然だろうか。前半600m〜1200mの間の流れが年によって開きがあり、向正面途中までの展開をどう読むかがポイントとなる。

通常は上がり33〜34秒台前半の速い脚が必要

 3コーナーの頂上を上り終え、下りのところからペースアップ。最後は3〜4コーナーの下り坂と399mの最後の直線を利した追い比べで勝負が決着する。基本的には京都の馬場特有の究極の決め手(速い上がり)が要求されるが、前述したように前半のペースによって好走馬のタイプは違ってくる。スローペースでラスト3ハロンのレースの上がりが33秒台から34秒台前半になってしまうと、いくら切れる脚を持っている馬でも後方からでは差し切れない。逆にハイペースで上がりが36秒台に突入するようになると、前々の競馬で押し切る、あるいは残すのがかなり厳しくなってくる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN