G1特集 第83回 東京優駿(日本ダービー)G1特集 第83回 東京優駿(日本ダービー)

歴代優勝馬ピックアップ

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 東京優駿(日本ダービー) > 2016 > 歴代優勝馬ピックアップ

狙い澄ました末脚でつかんだダービー制覇
2013年 キズナ

歴代優勝馬ピックアップ

区切りの80回目を迎えた2013年日本ダービー。1番人気に支持された武豊騎手騎乗のキズナが大外から力強く脚を伸ばし、ゴール前で鮮やかに抜け出した。

重賞2連勝でいざダービーへ

父は最強馬ディープインパクト、祖母は米G1馬パシフィックプリンセス、母の父は大種牡馬ストームキャット、姉はG1で3勝をあげたファレノプシス。超一流といえる血統のもとに生まれたキズナは、デビューしてすぐその素質の高さを見せつける。

新馬戦は馬場の真ん中を悠々と突き抜けて2馬身差、続く黄菊賞では大外から先行勢をまとめて斬り捨てて2馬身半差といずれも完勝。競走馬としてのスタートを鮮やかな形で飾ったのだった。

ただし、ラジオNIKKEI杯2歳Sは3着、弥生賞はコンマ1秒差の5着と惜敗。皐月賞への出走は叶わなかったものの、そこから目標を日本ダービーへ切り替えたキズナは、瞬く間に階段を昇っていく。

毎日杯は直線一気を決めて、2着に3馬身差の圧勝。京都新聞杯でもほとんど最後方という位置から末脚を炸裂させて重賞2連勝をマーク。父を彷彿とさせる豪快なラストスパートを武器に、キズナは第80回日本ダービーへと臨むことになる。

狙いを定めたラストスパート

ここでもキズナは、自分の持ち味を十二分に発揮した。1番ゲートからゆったりと出て後方に構え、力をためながらの追走。そして直線、何度も前が壁になりながらもそのたびに体勢を立て直して脚を伸ばす。最後は、先に抜け出したエピファネイアを半馬身捉えての1着ゴールを果たす。

それは、まさしくこの一戦に、この瞬間に狙いを定めて繰り出された、力強くて鋭いラストスパートだった。