JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

キングカメハメハ レコードでGI連勝[2004年]

史上屈指のレベルに挑む

 2004年・第71回日本ダービーのレベルは、間違いなく近年でも屈指の高さ、恐らくは史上最高クラスだったといえるだろう。

 出走メンバーは、後に世界を制することになるハーツクライ、天皇賞・春の勝ち馬へと成長するスズカマンボ、未来のマイル王ダイワメジャー、公営最強馬コスモバルク……。錚々たる面々だ。

 これらを打ち負かし、この世代の頂点に立ったのがキングカメハメハである。

レコードでNHKマイルC制覇

キングカメハメハ写真

 欧米で幾多のスーパーホースを送り出している大種牡馬キングマンボを父に持ち、キャプテンスティーヴを破って米G1サンタアニタダービーを制したザデピュティを兄に持つキングカメハメハ。セレクトセールで8000万円を超える高値をつけたこと、雄大な馬体、調教での動きなどが話題を呼び、デビュー前から注目される存在だった。

 デビュー後もキングカメハメハは期待に応えてみせた。2歳11月の新馬戦を差し切り、エリカ賞も快勝。明け3歳初戦の京成杯では3着に敗れたものの、すみれSは2馬身半差の勝利、毎日杯は好素質馬シェルゲームを力でねじ伏せての1着。さらにNHKマイルCでは、中団から唸るような末脚を繰り出してレースレコードをマーク、2歳王者コスモサンビームに5馬身もの差をつける完勝でGI制覇を果たしたのである。

驚異的なタイムで快勝

 3歳マイル王に輝いたキングカメハメハが、次に定めた照準が日本ダービーだ。同馬を管理する松田国英調教師は過去にもクロフネ(NHKマイルC勝利、日本ダービー5着)とタニノギムレット(NHKマイルC3着、日本ダービー優勝)に同様のローテーションを歩ませており、この2つのレースを連覇することを目標としていた。キングカメハメハの日本ダービー出走は、悲願成就のための最大のチャンスだったのである。

 結果、キングカメハメハが大偉業を成し遂げることになるこの日本ダービー、メンバーだけでなくレースそのもののレベルも史上最高クラスとなった。マイネルマクロスが1000m通過57秒6という驚異的なラップで飛ばし、これをキングカメハメハは中団から早めに捉えに行く。並の馬なら直線でバテてしまったことだろう。だがキングカメハメハは、先行勢を振り切り、追い込んだハーツクライも1馬身半後ろに見ての1着ゴール。2分23秒3のレコードタイムもマークして、堂々と頂点を極めたのであった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN