JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ジャングルポケット 夢と意地の完勝劇[2001年]

大本命のリタイア

 3馬身半差の新馬戦、素質馬を蹴散らしたラジオたんぱ杯3歳S、大楽勝の弥生賞、そして断然人気に応えた皐月賞……。圧倒的な強さで4連勝を果たしたアグネスタキオンが、日本ダービーを目前にして屈腱炎を発症してしまう。

 大本命を失った2001年の3歳クラシック路線で、代わって中心馬に押し上げられたのがジャングルポケットだった。

勝利を義務づけられたダービー

ジャングルポケット写真

 押し上げられた、といっても、普段の年なら間違いなく、ジャングルポケットは早くからダービー馬候補の筆頭にあげられていただろう。

 札幌の新馬戦では前評判の高かったタガノテイオー(後に朝日杯2着)を破り、続く札幌3歳Sでも、タガノテイオーのほか、牝馬ナンバー1のテイエムオーシャンをもアッサリと撃破。ラジオたんぱ杯3歳Sではアグネスタキオンに屈しての2着だったが、共同通信杯では素晴らしい末脚を見せて2馬身差の勝利。父トニービン×母の父ヌレイエフという血統も大物感十分で、事実、皐月賞では2番人気に推されたのである。

 が、どうしてもアグネスタキオンには敵わなかった。直接対決で2連敗。その天敵がリタイアして迎える日本ダービーだ。負けるわけにはいかない。無様なレースはできない。仮にアグネスタキオンが無事だったとしても勝ったのはこの馬だった、そう言われる走りがジャングルポケットには義務づけられたといえるだろう。

フジキセキの果たせぬ夢を

 もう1つ、ジャングルポケット陣営には負けられない理由があった。馬主、調教師、厩務員、そして手綱を取る角田晃一騎手、いずれもフジキセキと同じ。絶対的な力を示しながら皐月賞前に故障で引退したフジキセキの雪辱を果たしたい、という思いを関係者は抱いていたのである。

 第68回の日本ダービーで、ジャングルポケットはその思いに応える鮮やかな走りを披露した。大外18番枠のスタートから後方馬群の内へと潜り込み、そこでジックリと脚をため、最後の直線では内から外へと一気に持ち出されて、パワーを解放する。

 重馬場の芝を蹴立てて力強く伸びたジャングルポケットは、内で粘るダンシングカラーを交わし、外から食い下がるダンツフレームを封じ込めての1着ゴール。それは確かに、日本ダービーを制するにふさわしい豪快なラストスパートであった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN