JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

アイネスフウジン 覚悟を決めた鮮やかな逃走劇[1990年]

“三強”の構図で3番人気

 1990年春のクラシックでは、皐月賞から日本ダービーにかけて“三強”の構図が作られていた。

 まずはメジロライアン。4戦目でようやく初勝利をあげた頃にはそれほど目立つ存在ではなかったが、その後、ひいらぎ賞、ジュニアC、弥生賞と力強い末脚で3連勝を飾って一躍主役候補へ。皐月賞では2番人気3着に敗れたものの、距離が延び直線も長い府中2400mでの逆転に願いを託され、日本ダービーでは1番人気に推されこととなる。

 皐月賞を3番人気で制したのがハクタイセイだ。こちらも初勝利までに5戦を要した馬だが、そこからは条件戦、シクラメンS、若駒S、きさらぎ賞、皐月賞と連戦連勝。日本ダービーでは2番人気と評価を1つ上げ、7連勝での戴冠を目論んでいた。

 そして日本ダービー3番人気がアイネスフウジンだった。

前2戦は悔しい敗戦

アイネスフウジン写真

 先の2頭同様デビュー勝ちを果たせず、3戦目に未勝利を脱出したアイネスフウジン。ただ、その勢いのまま朝日杯3歳Sを2馬身半差で完勝し、三強の中ではもっとも早く注目されることになった。が、弥生賞ではメジロライアンの後塵を拝する4着に敗れ、1番人気に推された皐月賞ではハクタイセイにクビ差交わされての2着。もっとも悔しい思いを抱えていたのは、この馬だったろう。

 三強の単勝オッズは、メジロライアン3.5倍、ハクタイセイ3.9倍、アイネスフウジン5.3倍と大差ない数字。張り詰めた雰囲気の中、第57回日本ダービーのゲートは開いた。

沸き起こるナカノコール

 先行脚質のアイネスフウジンにとっては、ライバル2頭から目標にされる不利を覚悟でレースに臨まなければならなかったが、確かに、その覚悟を観る者に印象づける駆けっぷりだった。ハナを奪い、飛ばし過ぎるでもなくスローに落とすでもなく、絶妙のペースで後続を引っ張る。

 直線。アイネスフウジンの脚色は一向に衰えない。好位を追走していたハクタイセイも差を縮められないでいる。ゴール前、ようやくエンジンに火のついたメジロライアンが怒涛の勢いで迫るものの、これに1馬身4分の1差をつける堂々の逃げ切りをアイネスフウジンは完遂したのである。

 折しも競馬ブームの真っ只中。鮮やかな逃走劇にファンは、アイネスフウジンの鞍上・中野栄治騎手を称える「ナ・カ・ノ」コールを送り続けたのであった。


ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN