JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
東京優駿(日本ダービー)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

3歳馬の頂点をかけた大一番 東京芝2400m〔Cコース〕

コース図(東京芝2400m)高速馬場も前週が雨

 3歳馬の頂点をかけた大一番・日本ダービーは、3回東京開催の2週目(4日目)に行われる。このレースは03年以降、Cコースで行われており、今年もそれは変わらない。前週のオークスはBコース使用で、今週はコース替わりの最初となる。Cコース時の幅員は25〜35m。正面スタンド前で6m、向正面で4mほど外に仮柵が設けられている。芝はイタリアンライグラスによるオーバーシードを使用している。

 今年の2回開催は晴天に恵まれ、レコードタイムが連発する超高速馬場だった。しかし、先週の日曜日は残念ながら雨に見舞われた。オークス発走時は稍重発表だったが、当日は朝から雨が降り続き、馬場はかなり悪かった。レースの勝ち時計は2分29秒9。前週までの時計の出方に比べて、明らかに雨の影響を受けていた。

 今週末の天気は予報によると、いまのところは晴れから曇り。馬場は回復し、好時計が見込めるはず。しかし、現時点でどれぐらいの時計が出るのか、馬場の内外の有利・不利を予想するのは難しい。コース改修後(03年以降)の勝ち時計を見ると、03年は重馬場で平均より遅めのペースとなり、2分28秒5。04年は高速馬場の上、ペースが速く2分23秒3。翌年のディープインパクトもレコードタイの2分23秒3という好時計。そして昨年はかつてないほどの極悪馬場で行われ、2分33秒7(不良)とかなり時計を要した。このように馬場状態によりかなり開きがある。昨年のような馬場になると、道悪の巧拙に加え、脚質面の有利・不利も出てくる。土曜日と当日の芝状態のチェックは必ず行いたい。

レース写真(東京芝2400m)通常は上がりの速さが問われる

 スタート地点はホームストレッチのメモリアルスタンド前から。Cコース時は、最初の1コーナーまでの距離が313m。1〜2コーナー中間から向正面直線の残り約1300mまでは緩やかな下り坂で、そこから急な上り坂。約60m平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の、最後の坂。ゴール前の直線は525.9mとなる。

 ペースはよほど速い先行馬が揃わなければ、基本的には平均よりやや遅い〜スローペースになりやすい。ペースが遅くなるということは、その分後半に速い脚が必要。上がり3〜4ハロンで強烈な末脚が要求されることになる。ディープスカイの上がり3ハロンは34秒2、07年に歴史的優勝を飾ったウオッカの上がり3ハロンは33秒0。05年のディープインパクト(33秒4)の末脚をも上回るものだった。不良馬場で終いがバタバタになった昨年の例を除けば、03年以降、メンバー中最速上がりをマークした馬の成績は【4.1.1.0】と複勝率100%。普通の馬場状態で行われれば、ラスト3ハロンで最も速い末脚を繰り出した馬が上位入線する。

オークスとは違う脚質傾向

 脚質別成績は昨年も含み03年以降の集計を見ると、逃げ馬は【0.2.0.5】、先行馬は【3.4.2.17】、差し馬は【3.0.4.52】、追い込み馬は【1.1.1.30】。逃げ馬の連対が2回あり、先行馬の連対率は26.9%。直線が長い東京とはいえ、差し・追い込み馬ばかりで上位を独占するレースではない。このあたりはオークスと逆の傾向だ。特に内側がいい馬場状態ならば、力がある逃げ・先行馬は積極的に馬券に組み込むべきだろう。

 03年以降の枠順成績は1枠が【3.0.0.11】で最も優秀。その他の優勝馬は2、3、6、7枠。内枠はいいが、外枠でもそれほど大きな不利にはならない。フルゲートが18頭の時代なので、その点はあまり気にしなくていいだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN