JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
東京優駿(日本ダービー)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧

 

レース結果

失意の皐月賞から大逆転! ロジユニヴァースが制す!

 第76回東京優駿・日本ダービーは、横山典弘騎手騎乗の2番人気ロジユニヴァースが最内の好位追走から、直線もラチ沿いをそのまま抜け出し優勝。前走圧倒的1番人気の皐月賞で14着に惨敗したショックから見事に立ち直り、大一番を制した。昼ごろから集中的な雨に見舞われ、馬場が一気に悪化。不良馬場での一戦となり、勝ち時計は2分33秒7も要した。鞍上の横山典弘騎手は、念願の日本ダービー初制覇。本馬を管理する萩原清調教師も初G1制覇が、本競走となった。

 2着は4馬身差で武豊騎手騎乗の5番人気リーチザクラウン。3着は頭差で角田晃一騎手騎乗の8番人気アントニオバローズ。1番人気に支持された岩田康誠騎手騎乗のアンライバルドは12着に敗れた。

レース展開・総括

ジョーカプチーノが大逃げ

 スタートは全馬ほぼ互角。注目の先行争いは9番ジョーカプチーノが出て行き、外からジンワリと12番リーチザクラウン、14番ゴールデンチケット、1番ロジユニヴァースも自然と前につけた。1〜2コーナーにかけて徐々に隊列が決まり、単独で先頭はジョーカプチーノ、3馬身ほど離れて2番手にリーチザクラウン、3番手にロジユニヴァース。さらにゴールデンチケット、10番アントニオバローズ、5番マッハヴェロシティの順で縦に並び先団を形成。その後ろには6番ケイアイライジン、16番トライアンフマーチ。ちょうど中団の内には2番アプレザンレーヴ、17番アイアンルックら。後方集団には11番セイウンワンダー、外目には1番人気のアンライバルド、8番ブレイクランアウト、7番ナカヤマフェスタらが固まり、最後方には13番シェーンヴァルトという隊列となった。

 向正面に入ってもジョーカプチーノのスピードが落ちず、前半1000m通過は59秒9と、馬場を考えるとかなりのハイペース。しかし、2番手のリーチザクラウンとは8馬身以上大きく離れ、同馬もほぼ単騎逃げの状態。さらに3、4馬身離れてロジユニヴァースら先団。その後ろは依然としてやや縦長の展開となった。

 3コーナー中間あたりからジョーカプチーノのリードがなくなり、リーチザクラウンが接近。ロジユニヴァースら先団も虎視眈々と狙う。後方の外に位置していたアンライバルドの手綱もやや動くが、馬場が悪いせいかなかなか先団との差は詰まらない。

リーチザクラウンの内からロジユニヴァースが捌く

 直線入り口に入るとジョーカプチーノは完全に脚がなくなり、早々とリーチザクラウンが単独で先頭。その直後からロジユニヴァース、ゴールデンチケット。その他の各馬はやや横に広がりつつ、追い出しにかかる。しかし、今週も相変わらずインコースが有利。雨が降ったことで、その影響はさらに拡大。大外に持ち出したアンライバルドだったが、のめるような感じで、走りのバランスが悪い。ナカヤマフェスタに外からアッサリ交わされ、残り400m手前あたりで早くも万事休すとなった。その他の差し・追い込み馬も同様で、末脚を伸ばしてくる馬は少ない。結局、内ラチ沿いでの攻防が焦点。リーチザクラウンの内、ラチ沿いの狭いところからロジユニヴァースが捌き、馬体を併せて2頭の叩き合い。残り200m手前でロジユニヴァースが交わして先頭。そこから徐々に差を広げて抜け出しにかかる。最後はフラフラになりながらも4馬身突き放して先頭でゴールインとなった。

 2着争いは、ロジユニヴァースに交わされても懸命に粘るリーチザクラウンに、アントニオバローズが襲い掛かり、外からはナカヤマフェスタが凄い脚。最後はリーチザクラウンがなんとか踏ん張って2着を確保した。

皐月賞敗退馬が巻き返し、同レース好走馬が惨敗

 勝ったロジユニヴァースは前走皐月賞の惨敗からガラリ一変。馬体重プラス16キロを含め、立て直した陣営の手腕は見事だった。無傷の4連勝で弥生賞を制した実力をこの大一番で見せた。だが、勝因は今回もレースの流れと馬場状態が無関係ではない。2着のリーチザクラウン、3着のアントニオバローズ、4着のナカヤマフェスタと、激流の皐月賞で失速してしまった馬がこぞって巻き返していることからも明らかだろう。逆に皐月賞を凄い決め手で制した1番人気のアンライバルドは大外枠。スタートもよく、道中の折り合いもまずまずだったが、水分が含んだ重い馬場を終始外から進む展開は相当厳しかったようだ。セイウンワンダーやトライアンフマーチら皐月賞上位組は揃って大きく敗れた。


第76回 東京優駿(日本ダービー)
着順
枠番
馬番
馬名
性齢
斤量
騎手
タイム
着差
1
1
1
ロジユニヴァース
牡3
57
横山典弘
2.33.7
 
2
6
12
リーチザクラウン
牡3
57
武豊  
2.34.4
4
3
5
10
アントニオバローズ
牡3
57
角田晃一
2.34.4
4
4
7
ナカヤマフェスタ
牡3
57
蛯名正義
2.34.5
1/2
5
1
2
アプレザンレーヴ
牡3
57
内田博幸
2.34.7
3/4
6
7
13
シェーンヴァルト
牡3
57
北村友一
2.34.8
1/2
7
7
14
ゴールデンチケット
牡3
57
川田将雅
2.35.0
1 1/2
8
3
5
マッハヴェロシティ
牡3
57
柴田善臣
2.35.1
クビ
9
2
4
トップカミング
牡3
57
幸英明 
2.35.2
1/2
10
3
6
ケイアイライジン
牡3
57
松岡正海
2.35.7
3
11
2
3
フィフスペトル
牡3
57
安藤勝己
2.35.9
1 1/2
12
8
18
アンライバルド
牡3
57
岩田康誠
2.36.0
3/4
13
6
11
セイウンワンダー
牡3
57
福永祐一
2.36.3
1 3/4
14
8
16
トライアンフマーチ
牡3
57
武幸四郎
2.37.5
7
15
4
8
ブレイクランアウト
牡3
57
藤田伸二
2.37.8
1 3/4
16
7
15
アーリーロブスト
牡3
57
三浦皇成
2.39.5
大差
17
8
17
アイアンルック
牡3
57
小牧太 
2.39.6
3/4
18
5
9
ジョーカプチーノ
牡3
57
藤岡康太
2.43.0
大差

単勝
1
770円
複勝
1
390円
12
430円
10
620円
枠連
1-6
1,020円
馬連
1-12
3,760円
ワイド
1-12
1,650円
1-10
4,090円
10-12
3,350円
馬単
1-12
7,870円
3連複
1-10-12
40,320円
3連単
1-12-10
201,960円
 
★成績表・払戻金情報はTARGET frontier JVを使用

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN