JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
東京優駿(日本ダービー)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

アンライバルド強烈なまくり差しでねじ伏せ1冠奪取

アンライバルド写真

終わってみれば「1強」。アンライバルドの強さだけが際立った皐月賞

「3強対決」と沸いた皐月賞だったが、終わってみれば本馬の強さだけが際立つ結果に。道中の淀みない流れを中団の外でスムーズに折り合うと、勝負どころでは早めにスパート。そのまま一気にまくり切ると、アッという間に直線入り口では先頭付近。最後は内に刺さるシーンもあったが、力ずくでねじ伏せる内容で1冠を奪取した。2走前のスプリングSの時もそうだったが、コーナリングが抜群に速い。今度は東京コースになるので、あまり早くは動けないだろうが、終いの爆発力はメンバー屈指。遠征時の入れ込みもなくなり、今回も自分の力を出せればおのずと結果はついてきそうだ。

トライアンフマーチ出負けが功を奏すも軽視禁物

前走の皐月賞はスタートで出負けし、1コーナーを最後方で通過。例年の同レースを考えると、ほぼ絶望的な位置取りに見えた。しかし、道中のペースが厳しい上、馬場の内側が予想以上に悪かったため、逃げ・先行馬が総崩れの展開に。4コーナーで大外を回って仕掛けながら、アンライバルドの後からグイグイ末脚を伸ばして2着まで上がった。展開に嵌った感もあるが、若葉Sで先着を許したベストメンバーを上回る走り。力がないと皐月賞を1分58秒9で走れるはずがなく、フロック視はできない。母のキョウエイマーチは距離に限界があったが、脚を溜められれば2400mでも。

セイウンワンダー馬体重を絞って蘇った自慢の決め手

今年初戦の弥生賞が8着と惨敗。休み明けとはいえ、クラシックを狙う馬としてはふさわしくない結果に終わり、一旦は黄色信号がともった。しかし、中間の猛げいこにより馬体重を絞り、皐月賞当日は前走からマイナス10キロ。昨年の朝日杯FS時に近い体重に戻したことで、自慢の決め手が蘇った。勝ち馬には完敗だったが、大外から懸命に追い込み3着。本馬の本来の実力を考えれば、これぐらい走ってもおかしくはない。今回は、さらに距離が伸びる2400mで同じ脚を使えるかが課題だが、新潟2歳S時の豪脚が強烈。小回りよりも直線が長いコースの方が持ち味が生きそうだ。

アプレザンレーヴ皐月賞上位組に食い込めるか

アプレザンレーヴ写真

二段ロケットのような末脚で青葉賞を制したアプレザンレーヴ

2走前の毎日杯はスタートの出遅れが響き3着に敗れたが、前走の青葉賞では1番人気に応えて快勝した。相変わらずゲートは速くないが、2400mならば挽回が利く距離。中団で折り合うと、最後の直線は期待通りの伸び。トップカミングに一旦前に出られたが、手前を替えてからの二の脚で一気に差し切った。勝ち時計は2分26秒2。時計自体は、過去に同レースを制して本馬でも好走した馬に比べると物足りない面があるが、03年のゼンノロブロイは2分26秒3の時計で、本番は2着に入った。勝ちっぷりの良さと東京適性の高さで、皐月賞上位組に食い込む可能性は十分。

ロジユニヴァースまさかの惨敗で絶好機を逃す

ロジユニヴァース写真

皐月賞で大きく人気を裏切ったロジユニヴァースの巻き返しはあるのか!?

皐月賞では「3強」の中でも、単勝1.7倍の大本命。ほとんどのファンが勝ち負けを信じて疑わなかったが、まさかの14着に惨敗した。馬体重マイナス10キロが影響したのだろうか。勝負どころでの反応がひと息で、直線入り口では早くも手ごたえがなかった。先行して自分でレースが作れ、淀みないペースも得意な馬だっただけに、前走の皐月賞が絶好の舞台。東京より中山向き。したがって、前走を落としたのは相当痛いのではないだろうか。体調が戻れば巻き返す可能性はあるかもしれないが、スローペースでの極限の決め手比べは未知な馬。OPクラスに入ってから上がり34秒台の脚は、まだ使ったことがない。

ジョーカプチーノNHKマイルをレースレコードで快勝

大波乱となったNHKマイルCの立役者。逃げたゲットフルマークスからやや離れた2番手をキープ。この2頭で後続を引き離す展開となり、最後の直線ではラスト200mで逃げ馬を交わし、そのままアッサリ抜け出しての勝利となった。上位人気に支持された差し馬が壊滅と、腑に落ちないような面もあったが、自身の勝ち時計は1分32秒4のレースレコード。2走前のNZT3着時とは別馬のような強さであったことも間違いない。今回の距離では、溢れるスピード能力を後半の脚にどれだけ転化できるかがポイント。変則2冠を達成したキングカメハメハやディープスカイと違い、中距離重賞の勝ち鞍がないため、距離への対応が大きな課題になる。

リーチザクラウンスムーズにハナに立てれば

前走の皐月賞では「3強」の一角として2番人気に支持されたが、13着に大敗。大外の18番ゲートを引いたため、ハナにも行けず、前に馬を置いて壁を作ることもできず、という苦心の競馬。外目の好位からレースを進めたが、序盤から掛かり気味で、力んで走っており、勝負どころではすでに手ごたえがなかった。現状では2走前のきさらぎ賞のようにスムーズにハナに立ってからスローペースに落とすのが理想。そうなればそこそこ速い上がりでまとめられるし、能力そのものは高い馬だ。今回、距離の問題はあるが、好枠を引いて主導権を握れるかどうかの方がポイントだ。

ケイアイライジン前走以上の上積みが必要か

ケイアイライジン写真

ゴール前で際どく差し切りプリンシパルSを勝ったケイアイライジン

前走のプリンシパルSでは比較的スムーズに中団で折り合っての追走。最後の直線では好位追走から先に抜け出したアントニオバローズを目標にし、懸命の猛追。ゴール寸前で際どく差し切った。気性が若く、以前から乗り難しい感があった馬だが、柴田善臣騎手がテン乗りながら見事にコントロール。できれば、引き続き柴田善臣騎手が乗ってほしかった印象がある。直線が長い東京コースも向いているが、さらに距離が伸びて皐月賞上位組を相手に互角以上の戦いができるほどの強さまでは感じない。前走以上の上積みが必要だろう。

シェーンヴァルトレースの上がりがかかると浮上

尻すぼみの成績の上、ひと息入っていたこともあり皐月賞では15番人気。スタートダッシュが悪く、後方からの競馬となったが、直線大外から追い込み4着に食い込んだ。淀みない流れとなった展開の利はもちろん、レースの上がりが35秒6と時計を要したのも大きかったはず。重賞勝ちを収めた昨年のデイリー杯2歳Sも、ホッコータキオンが飛ばす展開で、1分33秒3のレコード決着ながらレースの上がり3ハロンは35秒4という競馬だった。今回、距離は問題なさそうだが、良馬場で決め手勝負になった際が課題。2走前の共同通信杯はそんな流れで5着に終わっている。

アイアンルック距離延長がプラスに出れば

毎日杯快勝からの好ステップで挑んだNHKCが2番人気で8着。4コーナーでサンカルロに受けた不利はあったが、それがなかったとしても果たして勝ち負けになったかどうか。そもそも序中盤の位置取りが後ろ過ぎた上、先頭との距離が離れすぎていた。毎日杯がスローペースだっただけに、多少折り合いに苦労したとしても、距離が伸びる方が競馬がしやすいのだろうか。実際、同レース3着のアプレザンレーヴは青葉賞を快勝している。折り合って上手く脚を溜められれば、同馬ぐらいのパフォーマンスは計算できるが。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN