JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
東京優駿(日本ダービー)特集


東京芝2400m〔Cコース〕

コース図内は見た目ほど悪くない

 3回東京開催の2週目に施行。先週のオークスと同じくCコースで行われる。Cコース時の幅員は25〜35m。正面スタンド前で6m、向正面で4mほど外に仮柵が設けられている。同コースは先週からの使用だが、見た目にはインコースの芝がやや荒れている印象。ただ、実際にはそれほど悪くなく、オークスでは最後の直線で強引に内に進路を取ったトールポピーが勝利を収めた。先週末は雨が降った中での競馬だったこともあり、今週末も引き続き馬場状態のチェックは欠かせない。芝はイタリアンライグラスによるオーバーシードを使用している。

 スタート地点はホームストレッチのメモリアルスタンド前から。Cコース時の最初の1コーナーまでの距離は313mある。1〜2コーナー中間から向正面直線の残り約1300mまでは緩やかな下り坂で、そこから急な上り坂。約60mほど平坦を走り、3コーナー手前から3〜4コーナーの中間まで再び下り坂。平坦の4コーナーをカーブを曲がり、ホームストレッチに入って間もなく約2mの勾配の最後の坂。ゴール前の直線は525.9mとなる。

近2年は異例のスローペース

レース写真(東京芝2400m) コース改修後の03年以降も、日本ダービーは以前と同じような競馬が続いていた。つまり、極端なスローペースにはならず、3歳馬の頂点を決めるにふさわしく、道中途中から動く厳しいレースが繰り広げられていた。ところが、近2年からは異変が生じている。06年の前半1000m通過は62秒5、07年の前半1000m通過は60秒5。同年のオークスに比べ、前半はかなり緩い流れとなっている。かつての「テレビ馬」のような玉砕型の逃げ馬は、ほとんどいなくなっている時代ではあるが、日本ダービーが牝馬限定のオークスよりも緩いペースとなるのは異例のことだ。

緩ければコース取りと決め手

 その分、上がり3〜4ハロンは強烈な数字が求められ、昨年歴史的優勝を飾ったウオッカの上がり3ハロンは33秒0。あのディープインパクト(33秒4)の末脚をも上回るものだった。この部分の数字だけでウオッカのパフォーマンスがディープインパクトよりも上とはならないが、道中スローペースになることにより、明確な距離適性が問われなくなる。2400mをこなすスタミナ量に不安がある馬でも、決め手に秀でている馬ならばコース取り次第で十分対応可能なはずだ。今年は果たしてどのようなペースになるか。これを推測できるかが一つのポイントになるが、どのような流れになってもフロックによる好走はないはず。昨年14番人気で2着に好走したアサクサキングスのその後の走りを見れば、納得できるだろう。

 また、近2年の好走馬のコース取りは、外よりも明らかに内が優勢。06年は逃げたアドマイヤメインに、インの好位にいたメイショウサムソン。07年は内の馬群を割ったウオッカと逃げたアサクサキングス。それ以前は、ディープインパクト、キングカメハメハ、ネオユニヴァースと直線外に出しての差しが決まっていることを考えると、対照的なシーンと言えるだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN