G1特集 第17回 チャンピオンズカップG1特集 第17回 チャンピオンズカップ

歴代優勝馬ピックアップ

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > チャンピオンズカップ > 2016 > 歴代優勝馬ピックアップ

歴史を塗り替える走りで強豪牡馬を撃破
2015年 サンビスタ

歴代優勝馬ピックアップ

前年のチャンピオンズCでは4着に終わったサンビスタ。しかし、この時はスタートから完璧な走りを見せ、見事に強豪牡馬を撃破。単勝12番人気の低評価を覆した。

最初の年は壁を超えられずに4着

2014年、ブリーダーズゴールドCで重賞初制覇を果たしたサンビスタは、JBCレディスクラシックも勝利して牝馬ダート路線の頂点に立った。勇躍挑んだのが第15回チャンピオンズカップだ。

創設以来幾度も舞台を変え、外国馬の勝利や連覇などさまざまな結果を提示してきたこのレース。だが、牝馬はプリエミネンスやラヴェリータの4着が最高。パワー勝負のダートG1では、どうしても牡馬に力負けしたのだ。サンビスタもまた壁を超えられず、ここでは4着に終わるのだった。

翌15年にTCK女王盃、マリーンC、レディスプレリュードのタイトルを上積みしたサンビスタは、ふたたびチャンピオンズカップにチャレンジする。JBCクラシックを逃げ切ったコパノリッキー、連覇を目指すホッコータルマエ、ジャパンダートダービー勝ち馬ノンコノユメと、前年以上に強敵が揃っていた。ところが、サンビスタはあっさりと“壁超え”を成し遂げてしまうのである。

豪快な末脚で強豪牡馬を撃破

ハナを奪いそうな勢いでゲートから飛び出したサンビスタ。内ラチ沿いで先行勢の様子をうかがいながら道中を乗り切り、そして直線で上手く外へと持ち出されながらスパート。力強い伸びを見せ、前で競り合うホッコータルマエとコパノリッキーを交わしたサンビスタは、内から追い込んだノンコノユメも1馬身半封じ込んで1着となる。

抜群のスタートと絶好のポジショニング、最高の仕掛けと豪快な末脚、つまりは完璧な走りでレースの歴史を塗り替えたのである。