JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

フリートストリートダンサー

唯一の外国馬V

 ジャパンカップダートが国際競走として創設された際、ファンの多くが「ダート戦の本場である北米から、ケンタッキーダービーやブリーダーズCの勝ち馬といった強豪が来るのではないか?」という期待を抱いた。それは「そんな馬が来れば、日本馬は束になってもかなわないのではないか?」という恐れも内包する思いだった。

フリートストリートダンサー写真 が、確かに北米の重賞勝ち馬は何頭も来日したものの、期待と恐怖感ほどの成績を残せていないのが事実だ。G1を連勝してやって来たリドパレスはクロフネの8着と完敗。やはり米G1馬のトータルインパクトもラヴァマンも人気を裏切る結果となっている。

そんな中、唯一の海外馬としてジャパンカップダート勝ち馬に名前を連ねるのが、2003年・第4回のレースを制したフリートストリートダンサーである。

重賞未勝利馬は11番人気

 実績からすればフリートストリートダンサーは、過去に来日した馬の中でもそれほど目立つ存在ではない。重賞は未勝利。2着や3着が多く堅実なタイプであるとはいえたが、それは勝ち切るだけの爆発力を持ち合わせていない証拠ともいえた。

対する日本勢は、エルムS、マイルチャンピオンシップ南部杯、JBCクラシックと3連勝中のアドマイヤドンが大将格。しかも3戦とも後続をアッサリ突き放す見事なレースぶりを見せており、単勝オッズ1.5倍の断然人気も当然と思わせる存在だった。

そのほか、武蔵野Sで4馬身差の圧勝を遂げたサイレントディール、ダービーグランプリの覇者ユートピアと同2着のビッグウルフといった将来性豊かな3歳馬がそろい、スターキングマン、ネームヴァリュー、ハギノハイグレイドといったダート実績豊富な古馬もズラリ。フリートストリートダンサーに与えられた11番人気という評価も、無理のない話だったのではないだろうか。

歴史に残る叩き合い

 が、この伏兵は予想外の頑張りを見せる。雨が降って馬場は不良。ダートとはいえスピードの出る北米の馬場と近いコンディションになったことも有利に働いたのだろう。スイスイと先行したフリートストリートダンサーは、直線で前のカネツフルーヴを交わし、そこからも粘りに粘る。アドマイヤドンが懸命に食い下がるが、壮絶な叩き合いの末、軍配はハナ差でフリートストリートダンサーに上がることになったのである。

  やはり、本場の馬は侮れない。そんな思いを誰もが新たにした一戦であった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN