G1特集 第16回 チャンピオンズカップG1特集 第16回 チャンピオンズカップ

有力馬情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > チャンピオンズカップ > 2015 > 有力馬情報

ホッコータルマエ 前人未到のG1/Jpn1・10勝目を目指す

ホッコータルマエ
現役ダート最強馬の名にかけてホッコータルマエが出陣

チャンピオンズC連覇に加え、前人未到となるG1/Jpn1・10勝目を目指すダート王者。前走JBCクラシックでは好位追走も最後の直線で伸びを欠き3着に敗れたが、少なからず休み明けの影響があったことだろう。一度使われた今回は息の入りが違うはずだ。対コパノリッキーとの対戦成績は、2勝3敗。1600mだと若干分が悪い印象だが、2000mならばやや有利。今回はその中間の1800mなのでいい勝負だろう。昨年はコパノリッキーが自滅。今年は真っ向勝負の末、打ち負かし、大記録の達成に花を添えたい。

コパノリッキー 頂点をかけた大一番でライバルを撃破

コパノリッキー
昨年のリベンジに燃える実力馬コパノリッキー

前走大井のJBCクラシックでは先手を奪ってそのまま逃げ切り優勝。G1/Jpn1・5勝目を飾った。その前の日本テレビ盃ではクリソライトとの凌ぎ合いの末、失速してしまったが、やはり休み明けの影響が大きかった。今回も最大のライバルとなるホッコータルマエが、休み明けを叩かれて良化してくる可能性が高いだけに、本当の勝負が待ち受けている。今年の東海Sを完勝しており、中京ダート1800mの条件は全く問題ない。昨年のチャンピオンズCのような出負けがなければ、大崩れはないだろう。ダート界の頂点をかけた大一番で、死力を尽くしたい。

ノンコノユメ 決め手強烈な3歳ダート王者

春シーズンは青竜Sから頭角をあらわし、次走ユニコーンSで重賞初制覇。さらに大井のジャパンダートダービーではクロスクリーガー以下に完勝し、3歳ダート王者の座についた。持ち味はなんといっても強烈な末脚。東京の軽いダートだけでなく、大井の2000mでもその豪脚が光った。前走武蔵野Sは休み明けの上、古馬を相手にして斤量が58キロ。最後は辛勝だったが、勝ったことが何よりも素晴らしい。今後も活躍できるであろうG1/Jpn1馬らしい風格と、走りを見せつけた。今回、さらに相手が強くなるが、非常に楽しみだ。

サウンドトゥルー JBCクラシックに続く一角崩しを狙う

今年上半期までは目立つ存在ではなかったが、10月の日本テレビ盃で重賞初制覇。クリソライトとコパノリッキーが前でガリガリとやり合う展開に乗じた印象もあったが、3馬身突き抜けた力は本物だったようだ。次走JBCクラシックではコパノリッキーこそ捕らえきれなかったが、ホッコータルマエに先着しての2着。ホッコータルマエが休み明けだったことは考慮しなければならないが、上位争いをするまでに至った。中京ダート1800mは7月のジュライCで経験し、勝利している。今回も前の有力馬を見ながら、終いを生かす競馬で一角崩しを狙う。

ロワジャルダン みやこSを制した注目馬

前走みやこSはエーシンモアオバーとモンドクラッセが引っ張る厳しい展開。勝負どころでの手応えはあまり良くなかったが、終始経済コースを立ち回り、最後の直線も内を捌いた。結果、カゼノコとの首位争いを制して重賞初制覇を飾った。鞍上の好騎乗と展開が向いた感はあるが、前哨戦で善戦できたことは事実。全兄のゴールデンチケットは、09年のJCダートでエスポワールシチーの3着に好走。血統背景的に本馬も、ダート路線で無視できない存在となりそうだ。まだキャリアがそれほど多くなく、上積みも十分見込めるはず。ここでどこまで通用するか注目だ。