JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第14回 ジャパンカップダート特集 2013年12月1日(日)15時40分発走 阪神競馬場 ダート1800m

【ホッコータルマエ】王者の貫録を示す

ホッコータルマエ写真
G1(Jpn1)4勝目を狙うホッコータルマエ

秋初戦となった南部杯を2着と落としてしまい、2月の佐賀記念からの連勝は5でストップしてしまった。だが、前走金沢で行われたJBCクラシックでは1番人気に応えて優勝。不良馬場を考慮してジョッキーは逃げる作戦を取り、ワンダーアキュート以下の追撃を許さずにそのまま押し切った。上半期ですでに頂点を極めており、そのポジションはこの秋も安泰という予感をさせた。昨年のJCダートでは3着だが、当時に比べてハッキリと力をつけている。多少ペースが厳しくなっても、先団より前の競馬で押し切れる地力があるはずだ。中央の舞台でも王者の貫録を示したい。


【ローマンレジェンド】昨年のリベンジもこめて

ローマンレジェンド写真
昨年の東京大賞典を制したローマンレジェンド

今年上半期はかしわ記念3着、帝王賞が6着という成績。この馬本来の力を考えると明らかに物足りない成績だ。しっかりと休養を取り、この秋はみやこSから始動。1番人気に支持されて3着という結果に終わった。結果的には人気を裏切ったが、斤量は59キロで元々苦しい戦いだった。勝ち馬ブライトラインより3キロ斤量が重く、0.2秒差ならば悪くない。同斤量の今回は逆転があってもいい計算だ。ホッコータルマエという新星が現れたが、まだ勝負づけは済んでいない。昨年のJCダートのリベンジを果たす意味でも、ここは力が入る。


【ブライトライン】みやこSを押し切る

ブライトライン写真
一気にG1初制覇を目指すブライトライン

前走みやこSでは離れた3番手からの追走。4コーナーのカーブでバテた逃げ馬を交わして先頭に立つと、最後の直線ではインカンテーションとローマンレジェンドの猛追を凌ぎ切った。厳しいペースを力で押し切る強い内容。3着に敗れたエルムSの時よりも実績馬が揃った前哨戦を勝利した価値は大きい。芝でも重賞を制しているものの、ダートで上を目指せる器。まだ底を見せておらず、今後が楽しみだ。今回の課題はペースと折り合い。競る形になると行ってしまいそうな雰囲気なので、速いペースに巻き込まれないようにしたい。


【インカンテーション】右回りで結果を残した

インカンテーション写真
レパードSを制したインカンテーション

2走前のラジオ日本賞で6着と敗退。ここでは古馬との力比較よりも、右回りの課題が残った。その不安材料の影響もあり、前走みやこSは7番人気。だが、レースではメンバー中最速となる上がり36秒2の末脚を披露。ブライトラインに際どく迫った。少し湿った馬場が良かった可能性はあるが、右回りの競馬で結果を残せたのは大きい。8月のレパードSでは同世代の相手に完勝。古馬混合の重賞を制するのも時間の問題だろう。ただ、今回はG1。前走以上の強敵が立ちはだかる。経験値で見劣るが、勢いと若さでどこまで迫れるか。


【ワンダーアキュート】勝つには運が必要か

前走JBCクラシックではホッコータルマエを追いかける競馬で2着。結果的には6月の帝王賞から着差をあまり詰めることができなかった。だが、それも仕方がない。相手は伸び盛りの4歳馬。こちらは7歳のシーズン。本馬にしても年明けの川崎記念から順調に使われ、すべて3着以内に入線。大半がG1(Jpn1)での戦いであり、一度も崩れていない走りは賞賛に値する。どんな展開・コース取りでも終いの脚は堅実。ここも上位争いとなるだろう。だが、勝つためには相手が崩れるか、展開に恵まれるかなど、「運」の要素がほしい。

【エスポワールシチー】8歳にして充実

2走前の南部杯ではホッコータルマエを下す金星。本馬の実績を考えると金星とは言えないかもしれないが、若き現役王者に土をつけた形だ。春もフェブラリーSとかしわ記念でともに2着。8歳馬としては異例の充実ぶりを示している。前走のJBCはクラシックではなく、1400mのスプリントを選択。短い距離は久々で、終始先手は取れなかったが、力でねじ伏せて完勝。貫禄を見せつけた。今回は得意のマイル戦から1ハロン伸びる一戦。昨年は気持ちよく飛ばしすぎて10着と敗退してしまった。ペース次第になるだろうが、いかに余力を残して最後の直線を迎えられるかがカギだろう。

【ニホンピロアワーズ】誤算でのぶっつけ本番

昨年のJCダートで圧巻の強さを披露。今年に入ってからはアンタレスSで2着に敗れたものの、ホッコータルマエより2キロ重い斤量で0.1秒差。帝王賞では同斤量でホッコータルマエに屈したが、2着は確保。昨年のG1初制覇がフロックではないことを証明している。万全の状態で出走できればホッコータルマエと互角の勝負が見込めたはずだ。だが、この秋は予定していたJBCを回避。放牧先から帰ってきての状態がもう一つだったようだ。調整期間を伸ばして今回に備えたわけだが、果たして力を十分に発揮できる状態にあるのか。好メンバーが揃っての激戦が予想されるだけに、ぶっつけ本番は痛い材料だ。

【グレープブランデー】本調子を取り戻せるか

故障明けの南部杯は4着。着順は悪くなかったが、ペースが緩かったことと相手関係によるところが大きかった。前走みやこSはペースが厳しくなり、自身の斤量も59キロ。タフな競馬となってしまい、終いの伸びを欠いて10着に終わった。フェブラリーSを制した2月の時のデキにはまだ及ばず、良化途中という印象が強い。本調子ならば南部杯から直行する手もあっただろうし、間にG3を叩いたあたりにも苦心がうかがえる。叩き3戦目でどれだけ上積みがあるか。この馬の差し脚が生きるような展開にはなりそうなので、状態次第だ。

【ソリタリーキング】本格化しつつある良血馬

この秋は船橋の日本テレビ盃でワンダーアキュートと僅差の2着。前走はJBCクラシックに出走。勝ち馬には及ばなかったが、最後までしぶとく末脚を伸ばし、2着ワンダーアキュートとハナ差の3着だった。一時期は調子を崩していたが、勢いを取り戻し、なおかつじわじわと力をつけている。以前はG1クラスの馬と際どい勝負はできていなかった。半兄にヴァーミリアンらダートの強豪が揃う良血馬。6歳にして本格化を示しつつある。春のアンタレスSでは0.7秒差の4着だったが、その時以上のパフォーマンスが見込める。相手はそろったが、軽視は禁物だ。

【ベルシャザール】武蔵野Sで重賞初制覇

今年5月にダートへ転向し、5戦3勝。10月にブラジルCを制し、前走武蔵野Sを制した。3歳時はスプリングSでオルフェーヴルの2着。日本ダービーでも3着と善戦するなど、底力は十分あったとはいえ、待望の重賞初勝利がダートとなった。キングカメハメハ産駒の牡馬らしく、ストライドが大きい迫力あるフットワークの持ち主。ここ2戦の競馬を見ると、やはり広い東京コースが一番合っている雰囲気だ。今回はゴチャつく可能性もある阪神の1800m。相手関係も当然厳しくなる。底を見せていない魅力がある一方で、気になる点もある。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN