JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第12回 ジャパンカップダート特集 2011年12月4日(日)15時40分発走 阪神競馬場 ダート1800m

【トランセンド】

前走から1ヶ月余りの間隔だが、この中間も軽めを含めて7本もの追い切りをこなしており、調整過程は極めて順調だ。今回もいつもと同じく1週前にPコース、当週は坂路という追い切りで、先週は1200mで75秒台の一番時計をマーク。今週は800mで52.6秒とこの馬としては控えめな時計になったが、しっかり動けていた。変わりなく好状態といえそうだ。

【エスポワールシチー】

前走から中3週になるが、追い切りの開始は1週前からとやや遅く、その点は若干気がかりだ。ここ2週は佐藤哲騎手を背に単走で追われ、先週はWコースで長めから時計を出したが動きは今一息。今週は坂路で馬場の荒れた時間帯ながら800m51.5秒の好時計が出たが、左右にフラつく動きは気になった。調子落ちはないが、上積みは疑問だ。

【ダノンカモン】

今秋4戦目で東京遠征後の中2週とハードな臨戦過程だが、軽めとはいえ1週前からきちんと追い切られており、調整過程に問題はない。先週は坂路で800m55.2秒をほぼ馬なりで1本。今週は濃い霧の中、Wコースで長めから追われ、終い追われるとしっかり伸びてラスト200mは12秒台前半をマークした。状態としては、いい意味での平行線といえそうだ。

【ワンダーアキュート】

前走後もきちんと調教を積まれており、中間の調整過程は順調だ。ここ2週は和田騎手を背に、Wコースで長めからの単走追いを消化。先週は終い一杯に追われ、ラスト200mは12秒前後としっかりと伸びた。今週は霧で視界不良の中、軽く仕掛けた程度でラスト200m11秒台後半をマークする鋭い伸び脚を披露した。前走からの上積みが見込めそうだ。

【ヤマニンキングリー】

約2ヶ月ぶりのレースになるが、11月上旬から今週まで、5週続けてWコースで長めから追い切られており、調教量は十分といっていい。ここ2週は格下馬と併せ、追走したとはいえ2週ともに大きく遅れてしまった。快勝した前走時も遅れてはいたが、自身はラスト200mで11秒台としっかり動いていただけに内容は雲泥の差。まだ完調手前という印象だ。

【ミラクルレジェンド】

この中間もいつもと同じくWコース、坂路、プールを併用して入念な調教を積まれており、順調さがうかがえる。先週はWコースで鮫島騎手を背に併せ馬で追われ、やや内めを回ったとはいえ1000mで65秒前後の好時計をマーク。今週は岩田騎手を背に坂路で格下馬と併せたが、動きは今一つだった。坂が苦手の様だが、状態面に問題はない。

【テスタマッタ】

前走から中2週ながら2週連続の坂路追いに加え、先週の金曜日にはダートコースで長めから時計を出しており、意欲的な調整過程といえる。今週は四位騎手を背に僚馬と併せ、終いは一杯に追われて半馬身ほど先着。ただ相手は未勝利馬で、800m53.7秒、ラスト200mは14.1秒と時計も遅かった。近走と同程度の状態にはあるが、上積みは見込みにくい。

【トウショウフリーク】

この中間は、1週前から当週にかけて坂路で3本追い切る中3週時の通常メニューを消化しており、調整過程は極めて順調といえる。今週は助手を背に、単走でラスト300m地点から一杯に追われ、800mで52.1秒と時計的には合格点。馬場の大外をしっかりと駆け上がり、動きも悪くはなかった。前走時と変わりない好状態と見てよさそうだ。

【その他の出走馬】

ニホンピロアワーズはWコースで長めから追われ1000m65秒台の好時計をマーク。前回とは違いラストまでしっかりと伸びており、好状態といえそう。ラヴェリータは先週Wコース、今週はPコースで2週続けて好時計をマークしており、状態面は万全。バーディバーディは中1週ながらきちんと追い切られており、疲れはなさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN