JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第11回 ジャパンカップダート特集 2010年12月5日(日)15時40分発走 阪神競馬場 ダート1800m

下半期のダート王決定戦 阪神ダート1800m

コース図(阪神ダート1800m)

今年も砂厚は9センチで調整

 今年も5回阪神開催2日目、ダート1800mの舞台でレースが行われる。現在の条件になったのは08年からだが、その後大きな変更点はない。JRAのHPでの発表によると、阪神競馬場のダートコースは4回開催終了後、路盤点検を実施し、一部補修。砂の厚さは9センチで調整されている。この点も昨年と変わっていない。また、この時期はクッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤が散布される可能性があるので注意したい。

 下級条件では依然として1800mのレースは多いが、上のクラスへ行くと1800mと同じくらい2000mのレースが多くなってくる。特に1600万クラス以上の1800mは通常このレースのみだ。1800mのスタート地点は正面スタンド前直線の右。スタートしてすぐに上り坂がある。最初の1コーナーまでの距離は303m。京都ダート1800mよりも若干長い。最後の直線距離は352.5m。幅員は22〜25m。芝コース同様に最後の直線には坂が待ち構えている。

差し・追い込み馬も届きやすい

レース写真(阪神ダート1800m)

 カネヒキリが復活の勝利を果たした08年の勝ち時計は1分49秒2(良)。そしてエスポワールシチーが勝利した09年の勝ち時計は1分49秒9(良)。良馬場ならばおおむね1分49秒台の決着となりそうだ。ただ、08年にハナを奪ったのは押し出されるように出て行った外国馬。昨年はエスポワールシチーの逃げ。強力な逃げ馬がいてペースが上がれば、その分時計が速くなる可能性は十分ある。

 全体的には前傾ラップのレース。前半から飛ばし、中盤もあまり緩まず、後半は凌ぎ合いという激しいレースになりやすい。東京2100mの時とはガラリと変わり、小回りコースならではの激しいレースが堪能することができる。ダート戦だけに本当に強い馬は前々につけて押し切ることができるが、差し・追い込み馬の台頭は常に考えたい。08年はメイショウトウコンがメンバー中最速の脚を使っての2着。昨年2着のシルクメビウス、3着のゴールデンチケットも、ともにメンバー中最速の上がりを繰り出した。

 過去2年の枠順成績は1枠と5枠がそれぞれ1勝、2着は3枠と6枠から、3着は3枠と5枠から出た。一見外枠が不利に見えるが、このコース全体の傾向として決して外枠は不利ではない。ただ、JCダートならではの傾向が出てくる可能性はある。その点についてはもう少し回数を重ねてから見極めたい。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN