JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

ヴァーミリアン実績断然だが楽観視できぬ

ヴァーミリアン写真
接戦ながらもJBCクラシック3連覇を果たしたヴァーミリアン
名古屋競馬場で行われた前走JBCクラシックを制覇し、同レース3連覇の偉業を達成。今年上半期には帝王賞も圧勝するなど、G1(Jpn1)8勝の実績は他馬の追随を許さぬほどズバ抜けている。しかし、2月のフェブラリーSでは6着の完敗で、世代交代を突きつけられる敗戦を喫した。地方の競馬場では地力を示せる可能性が高いが、時計が出て、出走馬のレベルが飛躍的にアップする中央のG1では昨年の本競走(3着)のように取りこぼす懸念はあるだろう。元気な3、4歳馬を抑え込んでの勝利は容易でないはず。

エスポワールシチーすでに現役最強クラスの実力馬

ヴァーミリアン写真
南部杯を1分35秒4の好時計で圧勝したエスポワールシチー
G1初挑戦となった2月のフェブラリーSで4着と健闘を見せると、次走マーチSで完勝し重賞初制覇。続く5月のかしわ記念では王者カネヒキリを下し、一気にG1制覇を成し遂げた。負かした相手もさることながら、差す競馬ができたという意味で内容的にも濃かった。帝王賞はパスし、休み明けで挑んだ前走の南部杯ではサクセスブロッケンを0.7秒も突き放す大楽勝でG1・2勝目。勝ち時計の1分35秒4も優秀で、良馬場で行われた際の本競走の歴代最高タイムだ。すでに現役最強クラスの実力馬。当コースの経験もあり、死角は少ない。スムーズな競馬ができれば上位争いの可能性は高いだろう。

サクセスブロッケン近2走が案外で良化できるかがカギ

サクセスブロッケン写真
フェブラリーSをレコードで制したサクセスブロッケン
前走武蔵野Sでは楽な手ごたえで2番手追走も、最後の直線でズルズル失速しまさかの10着に惨敗。ペースも速く、斤量59キロも厳しかったが、ワンダーアキュートが逃げ切った展開。同馬の力を考えると、信じられないようなパフォーマンスだ。今、思えば休み明けの南部杯も2着とはいえエスポワールシチーに0.7秒も離されており、体調面に問題があるのかもしれない。2月のフェブラリーSでは1分34秒6のレコードで優勝と、能力の裏づけは十分。右回りのレースも不安はなく、力を発揮できさえすれば勝てる実力馬。ここ2戦よりどれだけ良化できるかがカギだろう。

マコトスパルビエロ夏から完全に本格化

かつては先行してもワンパンチを欠くレースが続いていたが、7月のマーキュリーCでスマートファルコンを0.6秒もぶっちぎる圧勝で重賞初制覇。続く日本テレビ盃では先に抜けたフェラーリピサをキッチリ差し切る内容で優勝。その勢いで臨んだ前走JBCクラシックではハナを奪い、そのまま押し切るかという競馬で2着に惜敗。完全に本格化した雰囲気で、春以前とは別馬のように充実している。時計が出る中央場所でのレースが課題になってくるが、最後に坂があってパワーも問われる阪神1800mならば好勝負に持ち込めてもおかしくない。

ワンダーアキュート底知れぬ可能性を秘める3歳馬

ワンダーアキュート写真
武蔵野Sを鮮やかに逃げ切ったワンダーアキュート
粒ぞろいと言われる現3歳世代の中では地味な存在だったが、2走前のシリウスSで重賞初制覇。ハンデ戦で斤量54キロだったが、大外枠発走から上手く内に潜り込み、そのままソツなく抜け切った。前走武蔵野Sでは好スタートから気合をつけられてハナを奪うとそのまま逃げ切り勝ち。1600m以下の競馬が初めてとは思えぬスピードと先行力を見せつけた内容で、まだまだ底知れぬ可能性を秘めている。しかし、G1で結果を残してこそ初めて一流馬の仲間入り。半兄のワンダースピードを超えられるかどうかの試金石でもある。

スーニ距離はギリギリだが軽視禁物

名古屋1400mで行われた前走JBCスプリントを1番人気に応えて見事に勝利。同レースを3歳馬が勝利したのは初めてとなった。デビュー当時から圧倒的なスピードと完成度に物を言わせ、全日本2歳優駿まで無傷の4連勝でG1制覇しているようにベストの距離は1600m以下であることは間違いない。しかし、大きく崩れたのは7月のジャパンダートダービー(6着)のみ。前が速いペースで引っ張ってくれれば折り合いはつくし、1800mまでならばギリギリ持つ。展開と折り合い次第で上位争いは可能だろう。軽視は禁物。

ティズウェイ重賞未勝利では苦しいか

米国から遠征の4歳馬。残念ながら骨折で出走回避となったサマーバード(米国)が優勝した10月のジョッキークラブゴールドC(ダ2000m・G1)に出走し、同馬から1.0秒遅れた3着。2走前のホイットニーH(ダ1800m・G1)でも4着と、2戦連続G1で掲示板に乗っている。しかし、実際には重賞未勝利馬で、今回出走予定だったサマーバードよりも格はだいぶ落ちる。アメリカ国内のレースしか経験がない馬にとっては、今回、右回りの競馬が初めてになることもあり、積極的に買える感じではない。

メイショウトウコン昨年は2着だが、今年は未勝利

昨年の本競走では3コーナーから仕掛けて、大外を回りながらメンバー中最速の上がり35秒9の決め手が炸裂。カネヒキリはわずかに捕らえられなかったが、1番人気のヴァーミリアンを交わして2着に上がる激走を見せた。しかし、今年は不振でここまで未勝利。昨年はJBCスプリントで僅差の3着と勢いがあったが、今年は同レースが離された4着で、臨戦過程に大きな違いがある。小回りの中距離、最後に坂があり前が止まりやすいコース設定は、この馬にとってベスト条件。状態次第だが、昨年ほどのパフォーマンスを見込むのは厳しいか。

シルクメビウス再度内枠で脚を溜められれば

前走トパーズSでは1枠発走から道中脚を溜め、最後の直線だけ外に出しての追い出し。逃げた1番人気のアドバンスウェイを一気に差し切り、さらに5馬身も突き放すという圧巻の内容だった。OP特別のメンバーが相手だったことと、その前の武蔵野Sが8着、レパードSが10着(5位入線後降着)だったことを考えると、過大評価はできないが、嵌れば凄い脚を使う。序盤からいいポジションを取ろうとすると、あまりよくなさそうなタイプなので、前半から中盤にかけてどれだけ脚を溜められるかがポイントとなりそう。今回も内枠を引きたいところだ。

アドマイヤスバル今年に入り著しい充実

昨年は不振だったが、今年に入り急激に上昇。フェブラリーSこそ7着に終わったが、休みを挟んで臨んだオアシスSを勝利すると、続く大沼Sも勝利。ブリーダーズGCではスマートファルコンの2着、白山大賞典で待望の重賞初制覇。そして前走JBCスプリントが2着と、6歳にして著しい充実を見せている。阪神ダートが【0.2.1.1】という成績で、昨年のマーチでは2番人気で5着。最後に坂があるコースが課題となるが、目下の勢いならばあまり神経質に考えることはないか。相手は強いものの、見せ場は作れるかもしれない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN