JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

激戦必至のダート最強馬決定戦 阪神ダート1800m

コース図(阪神ダート1800m)当コースでの施行は2回目

 本競走は昨年、大きな転換期を迎えた。創設時の第1回から5回東京開催のダート2100mで行われてきたが、昨年から一週間開催が繰り下がり、5回阪神開催2日目のダート1800mという新しい舞台に移った。同条件は以前からあったものの、阪神競馬場のコース改修に伴い新設されたダート2000mにもレースが振り分けられるようになった。特にオープンクラスのレースはすべてダート2000mで組まれるようになり、通常同クラスのダート1800mのレースは本競走のみとなっている。したがって、条件クラスでは馴染みがあるものの、オープン馬といえど同コースの経験値は決して多くないはず。そのことが予想をする際にも難しいファクターとなっている。

 JRAのHPでの発表によると、ダートコースは4回開催終了後、路盤点検を実施し、一部補修。砂の厚さは9センチで調整されている。また、クッション砂の凍結防止のため、コース全面に凍結防止剤が散布される可能性があるので注意したい。

レース写真(阪神ダート1800m)基本的には外へ行くほど不利

 阪神ダート1800mのスタート地点は正面スタンド前直線の右。スタートしてすぐに上り坂がある。最初の1コーナーまでの距離は303m。京都のダート1800mよりも若干長い。最後の直線距離は352.5m。基本的には外枠へ行くほど距離損が生じるので、枠は真ん中より内側の方がいい。逃げ馬は大外枠からでも行き切ってしまえばラチ沿いに入れるが、先行馬にとって外枠は不利だろう。内々で脚を溜めても勝負どころで馬群が固まると、前が開かないリスクがあるが、昨年優勝のカネヒキリ、3着のヴァーミリアンは3枠からのスタート。最後の直線で上手く馬群を捌いてきた。

前傾ラップの激しいレース

 昨年の本競走の勝ち時計は1分49秒2(良馬場)。予想通りこのクラスのメンバーだと1分49秒台の時計は必至。ペース次第では48秒台にもなるだろう。細かいレースラップを調べると、前半600mが36秒7、後半600mが36秒6。ほぼイーブンだったが、昨年はスタート後の3ハロン目が13秒1と急激に緩んだため前半の時計が少しかかった。普通ならばもう少し速くなっていい。全体的には前傾ラップ。前半から飛ばし、中盤もあまり緩まず、後半は凌ぎ合いという激しいレースになりやすい。よって、昨年2着のメイショウトウコンのようなマクリ差しも決まりやすくなるはず。以前行われていた東京2100mの時とはガラリと変わり、小回りコースならではの激しいレースが堪能することができる。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN