JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集

ジャパンカップダートとは

ダート競馬の隆盛に合わせ創設

 1995年から中央競馬と地方競馬の交流競走が始まり、ダート競馬が見直され始めた。翌96年にはドバイワールドカップが創設され、ダート得意の日本馬が遠征するようになった。また、97年にはフェブラリーSがG1に昇格。JRA初のダートG1ができた。

 こうしてダート競馬のチャンピオン決定戦が行われるようになると、ジャパンカップ同様、ダートの国際G1はできないかという声が高まった。そして2000年、日本初の国際招待ダートG1である「ジャパンカップダート」が創設される。舞台は東京競馬場ダート2100m。ジャパンカップ前日の土曜に行われてきた(02年は中山で開催。04年はJCと同日開催)。

 今年からは1週ずらし、12月1週目に阪神ダート1800mで行われることに。アメリカではよりポピュラーな距離となり、早速G1馬2頭をはじめ強豪がやってきた。今後の発展が楽しみなレースである。

ジャパンカップ写真外国馬は実績馬ほど不振

 第1回から外国馬の能力の高さに衝撃を受けたジャパンカップとは逆に、JCダートは最初から日本馬が強さを見せつけてきた。外国馬が勝ったのは、わずかに一度だけ(03年第4回のフリートストリートダンサー)。過去8回にのべ22頭が出走して1勝3着1回着外19回となっている。

 このうち、3着以内に入った2頭は11番人気と6番人気。人気薄による好走だ。米国で素晴らしい成績を挙げ、2番人気に推されたユーカー、リドパレス、トータルインパクト、3番人気のスチューデントカウンシルはいずれも人気を裏切って凡走している。この理由には諸説あるが、アメリカと日本のダートの違いが大きいといわれる。日本のダートが「砂」に近いのに対し、アメリカは「土」(泥)に近い。したがって、アメリカで強い馬が日本ではうまく走れないのではないか、と。

 ただし、距離短縮の効果か、今年来日する3頭はこれまで以上の強豪。特にマストトラックは由緒あるハリウッドゴールドCの勝ち馬で、BCダートマイルでも5着と大崩れしていない。コースも変更されているし、今回が従来の傾向に当てはまるかどうかはよくわからない。

1番人気と人気薄の組合せ

 ステップレースでは武蔵野SとJBCがほぼ互角である。前者は2勝2着2回。後者は2勝2着5回。軸というならJBC組ではなかろうか。

 第2回以降7年連続で1番人気馬が3着以内に入線。配当的には堅めだが、相手に人気薄を引き連れてくることが多いため、馬連や3連複、3連単は大穴になることもある。2番人気馬が過去1度も3着以内に来ていないのも特徴である。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN