G1特集 第61回 有馬記念G1特集 第61回 有馬記念

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 有馬記念 > 2016 > レース情報

有馬記念とは?

レース情報

昨年の有馬記念のスタート直後。ファン投票によって選出された精鋭が暮れの中山芝2500mを舞台にしのぎを削る。幾多の名勝負が生まれたグランプリで今年、栄冠をつかむのは果たして?

一年を締めくくるグランプリレース

1956年に前身の「中山グランプリ」を創設。日本ダービーに匹敵する暮れのビッグレースを作るという当時の日本中央競馬会理事長・有馬頼寧氏の提案をもとに、ファン投票による出走馬の選定方法を採用。第1回は中山競馬場芝・内回り2600mで行われた。

しかし、翌年1月に有馬氏が急逝。同氏の競馬発展への功績を称え、57年から現名称の「有馬記念」へと改称された。60年に芝・外回りに変更されたのち、66年から現行の芝・内回り2500mで行われている。本競走は第1回から続けて中山競馬場で行われ、中央競馬の一年を締めくくるグランプリレースとして定着。競馬ファン以外にも年末の風物詩として広く知られる存在となっている。

84年のグレード制導入ではG1に格付け。96年には従来の推薦方式を廃止し、ファン投票上位10頭ならびに競走成績を考慮して出走馬の選出が行われるようになった。07年には国際競走に指定。外国馬は6頭まで出走可能となった。

時代を彩った名勝負の記憶

ファン投票によって出走馬が選出されるのは世界でも類を見ない画期的なシステムだ。創設者である有馬氏の期待どおり、その年に活躍した実力馬が一堂に集結。例年、グランプリにふさわしい華やかなレースが展開されている。

また、競馬史に残る名勝負が幾度も繰り広げられ、優勝馬にはその時代を彩ったトップホースが並んでいる。トウショウボーイ、テンポイント、シンボリルドルフ、オグリキャップ、トウカイテイオー、ナリタブライアン、グラスワンダー、シンボリクリスエス、ディープインパクト、オルフェーヴル。日本を代表する名馬が暮れの中山でその強さを発揮してきた。昨年はゴールドアクターが優勝。自身初のG1制覇をグランプリで達成してみせた。

競馬のトリも「まつり」となるか

今年のファン投票では、前走でジャパンカップを制したキタサンブラックが最多得票を獲得。13年のオルフェーヴル以来、3年ぶりにファン投票1位馬の勝利となるかが大きな見どころだ。

また、グランプリ2連覇を狙うゴールドアクター、3歳勢からは菊花賞馬サトノダイヤモンドが参戦予定。他にも宝塚記念で強豪牡馬を撃破した牝馬マリアライト、昨年2着の雪辱に燃えるサウンズオブアースらもスタンバイ。一年の競馬のトリを飾るのは果たしてどの馬か、熱戦必至のグランプリから目が離せない。