G1特集 第60回 有馬記念G1特集 第60回 有馬記念

血統分析

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 有馬記念 > 2015 > 血統分析

ゴールドシップのラストラン勝利に期待!

1)ただサンデーサイレンス系のためのレース

ご覧の通り、この10年間はサンデーサイレンス(SS)とその後継種牡馬たちの産駒が10連勝。1〜3着独占が4回、ワン・ツー・フィニッシュが2回と圧倒的な成績を残している。この系統のひとり勝ちといえる状態だ。

この表は右にスクロールできます。

種牡馬の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 10回 6回 7回 91頭 11.0% 17.6% 25.3%
その他のヘイルトゥリーズン系 0回 0回 0回 10頭 0.0% 0.0% 0.0%
ミスタープロスペクター系 0回 2回 3回 18頭 0.0% 11.1% 27.8%
ノーザンダンサー系 0回 2回 0回 20頭 0.0% 10.0% 10.0%
ナスルーラ系 0回 0回 0回 11回 0.0% 0.0% 0.0%
その他の系統 0回 0回 0回 1頭 0.0% 0.0% 0.0%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付L 馬名 種牡馬 母父馬
2014.12.28 1 4 ジェンティルドンナ ディープインパクト Bertolini
2014.12.28 2 6 トゥザワールド キングカメハメハ サンデーサイレンス
2013.12.22 1 6 オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン
2013.12.22 2 4 ウインバリアシオン ハーツクライ Storm Bird
2012.12.23 1 13 ゴールドシップ ステイゴールド メジロマックイーン
2012.12.23 2 6 オーシャンブルー ステイゴールド Dashing Blade
2011.12.25 1 9 オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン
2011.12.25 2 5 エイシンフラッシュ King's Best Platini
2010.12.26 1 1 ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース Machiavellian
2010.12.26 2 7 ブエナビスタ スペシャルウィーク Caerleon
2009.12.27 1 9 ドリームジャーニー ステイゴールド メジロマックイーン
2009.12.27 2 2 ブエナビスタ スペシャルウィーク Caerleon
2008.12.28 1 13 ダイワスカーレット アグネスタキオン ノーザンテースト
2008.12.28 2 14 アドマイヤモナーク ドリームウェル トニービン
2007.12.23 1 3 マツリダゴッホ サンデーサイレンス Bel Bolide
2007.12.23 2 7 ダイワスカーレット アグネスタキオン ノーザンテースト
2006.12.24 1 4 ディープインパクト サンデーサイレンス Alzao
2006.12.24 2 1 ポップロック エリシオ サンデーサイレンス
2005.12.25 1 10 ハーツクライ サンデーサイレンス トニービン
2005.12.25 2 6 ディープインパクト サンデーサイレンス Alzao
2)SS系から人気薄に流す

前述の通り「SS系が◎」で間違いないはず。1番人気に限れば5勝・2着3回・3着1回、2番人気が2勝・3着1回、1〜4番人気の合計が9勝・2着4回・3着3回だから、まずはここまでが本命候補だ。5番人気以下は1勝・2着2回・3着4回と、こちらはアタマではなくヒモ穴といった感じだ。

SS系以外のヘイルトゥリーズン系ではシンボリクリスエスが2002年・2003年と2連覇しているものの、ここ10年はウオッカが3番人気11着、スクリーンヒーローが3番人気5着、エピファネイアが2番人気5着など期待を裏切っている。ジャパンCや菊花賞の好走が評価され有馬記念で人気になるパターンが多いのだが、信頼はできない。

ミスタープロスペクター系で馬券に絡んだのは、キングカメハメハとKing's Bestの産駒だけ。トゥザグローリーが14番人気3着と9番人気3着、エイシンフラッシュが7番人気2着、トゥザワールドが9番人気2着とヒモ穴の気配を漂わせる。ノーザンダンサー系も、5番人気以内に推された4回はすべて5着以下だったのに対し、エリシオ産駒ポップロックが6番人気2着、ドリームウェル産駒アドマイヤモナークが14番人気2着と穴傾向だ。ナスルーラ系はトーセンジョーダンの5着2回が最高で、のべ11頭中9頭が2ケタ着順なら用なしだろう。

まとめれば「SS系の人気サイドが軸。SS系/ミスタープロスペクター系/ノーザンダンサー系の人気薄へ流す」というのが定石となりそうである。

3)母父はヘイルトゥリーズン〜SS系以外なら、どこからでもOK

母の父の系統別成績は下の通り。SS系は父として強いぶん、母父としての成績を落とすのは仕方のないところ。SS系以外のヘイルトゥリーズン系も嫌いたい。それ以外の系統ならどこからでも狙えそうだ。

この表は右にスクロールできます。

母父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 0回 2回 2回 19頭 0.0% 10.5% 21.1%
その他のヘイルトゥリーズン系 0回 0回 0回 7頭 0.0% 0.0% 0.0%
ノーザンダンサー系 3回 5回 4回 49頭 6.1% 16.3% 24.5%
ミスタープロスペクター系 1回 0回 0回 14頭 7.1% 7.1% 7.1%
ナスルーラ系 2回 2回 2回 39頭 5.1% 10.3% 15.4%
その他の系統 4回 1回 2回 23頭 17.4% 21.7% 30.4%
4)父・母父とも芝の中長距離タイプがベスト

連対馬のうち、SS自身の産駒以外について、父と母父の現役成績を簡単にまとめてみよう。

この表は右にスクロールできます。

馬名 父の主要勝ち鞍 母父 母父の主要勝ち鞍
ポップロック エリシオ 凱旋門賞 サンデーサイレンス 米BCクラシック
ダイワスカーレット アグネスタキオン 皐月賞 ノーザンテースト フォレ賞
アドマイヤモナーク ドリームウェル 仏愛ダービー トニービン 凱旋門賞
ドリームジャーニー ステイゴールド 香港ヴァーズ メジロマックイーン 天皇賞・春
ブエナビスタ スペシャルウィーク ジャパンカップ Caerleon 仏ダービー
ヴィクトワールピサ ネオユニヴァース 皐月賞/日本ダービー Machiavellian (芝マイル路線)
オルフェーヴル ステイゴールド 香港ヴァーズ メジロマックイーン 天皇賞・春
エイシンフラッシュ King's Best 英2000ギニー Platini ミラノ大賞
ゴールドシップ ステイゴールド 香港ヴァーズ メジロマックイーン 天皇賞・春
オーシャンブルー ステイゴールド 香港ヴァーズ Dashing Blade イタリア大賞
ウインバリアシオン ハーツクライ ドバイシーマクラシック Storm Bird デューハーストS
ジェンティルドンナ ディープインパクト クラシック三冠 Bertolini ジュライS
トゥザワールド キングカメハメハ 日本ダービー サンデーサイレンス 米BCクラシック

SS後継種牡馬の中でも芝の中長距離タイプが中心、SS系以外も中長距離タイプが主流だ。母父は長距離タイプまたはスプリンター寄りのマイラー、といったイメージといえる。

5)母の成績も重要となる

勝ち馬は母も優秀だ。自身や子が重賞で勝ち負けできる力を持っていなければならない。

この表は右にスクロールできます。

馬名 母の現役成績/繁殖成績
ハーツクライ アイリッシュダンス G3を2勝/アグネスシラヌイが準オープン勝ち
ディープインパクト ウインドインハーヘア 独G1勝ち/ブラックタイドがG2勝ち
マツリダゴッホ ペイパーレイン 米で6勝/近親にナリタトップロード
ダイワスカーレット スカーレットブーケ G3を4勝/ダイワメジャーがG1勝ち
ドリームジャーニー オリエンタルアート 3勝
ヴィクトワールピサ ホワイトウォーターアフェア 仏G2勝ち/アサクサデンエンがG1勝ち
オルフェーヴル オリエンタルアート 3勝/ドリームジャーニーがG1勝ち
ゴールドシップ ポイントフラッグ チューリップ賞2着/ハニーフラッグは500万下
ジェンティルドンナ ドナブリーニ 英G1勝ち/ドナウブルーがG3勝ち
結論

◎を打つべきは「父が芝2400mのG1勝ち鞍を持つSS系」の人気サイド。母父は、系統は問わないが芝の長距離タイプまたはマイラーがいい。母の現役成績・繁殖成績が優秀であることも重要だ。

すでにこのレースを勝っているゴールドシップは問題なし。逆転があるとすれば、マリアライト(父ディープインパクト)とリアファル(父ゼンノロブロイ)の姉弟(母クリソプレーズは3勝/母父エルコンドルパサー)が人気になった時か。

父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ(スイートピーS2着)×母父ダンスインザダークのラブリーデイは2〜3着候補。父ディープインパクト×母父フレンチデピュティのショウナンパンドラは、母キューティゴールド(未勝利)の実績不足を血統的ポテンシャル(近親にステイゴールドなど)で補えるかどうかがカギとなるだろう。

【ゴールドシップの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ステイゴールド
 Stay Gold
 1994年 黒鹿(白老町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ゴールデンサッシュ
 Golden Sash
 1988年 栗毛(白老町)
*ディクタス
1967年 栗毛(仏)
Sanctus Fine Top
Sanelta
ゴールドシップ
 Gold Ship(JPN)
 牡 6歳 父15歳・母11歳時産駒
 2009年 芦毛(日高町)
Doronic Worden
Dulzetta
ダイナサッシュ
1979年 鹿毛(早来町)
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
*ロイヤルサッシュ Princely Gift
Sash of Honour
メジロマックイーン
 Mejiro McQueen
 1987年 芦毛(浦河町)
メジロティターン
1978年 芦毛(伊達市)
メジロアサマ *パーソロン
*スヰート
*シエリル Snob
Chanel
メジロオーロラ
1978年 栗毛(伊達市)
*リマンド Alcide
Admonish
ポイントフラッグ
 Point Flag
 1998年 芦毛(門別町)
メジロアイリス ヒンドスタン
アサマユリ
パストラリズム
 Pastoralism
 1987年 黒鹿(静内町)
*プルラリズム
1980年 鹿毛(米)
The Minstrel Northern Dancer
Fleur
Cambretta Roberto
Cambrienne
トクノエイティー
1978年 黒鹿(門別町)
*トライバルチーフ Princely Gift
Mwanza
アイアンルビー *ラークスパー
風玲