JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第58回 有馬記念特集 2013年12月22日(日)15時25分発走 中山競馬場 芝2500m

【オルフェーヴル】

フランスから帰国後は放牧を挟んで11月21日に栗東へ帰厩。その後は順調に乗り込まれており、調教量に問題はないと見ていいだろう。今週は池添騎手を背に、坂路で格下の僚馬を3馬身ほど追走する形の追い切り。ほぼ馬なりの併走馬相手に一杯に追われてやっとの併入と物足りない動きだった。一追いごとに良化傾向だが、まだ完調手前という印象だ。

【ゴールドシップ】

前走の4日後には馬場入りを再開し、今月上旬から3週続けて強めの追い切りをこなしており、意欲的な調整過程といえる。今週はムーア騎手を背にブリンカーを装着し、Wコースで格下の僚馬と3頭併せ。直線に向くまでセーブし、仕掛けられると徐々に加速して2頭に大きく先着した。絶好調とまではいかないが、前走時よりは確実に良化している。

【アドマイヤラクティ】

前走後もいつも通りの調教内容を消化しており、中間の調整過程は順調だ。今回も強めの追い切りはすべてWコース単走で、先週はウィリアムズ騎手を背に終い重点ながらシャープな伸び脚を披露。今週は助手を背に内目を通ったとはいえ、600m37秒台、ラスト200m11秒台と好時計をマークした。近走と変わりない好状態と見てよさそうだ。

【ウインバリアシオン】

前走の3日後には早くも馬場入りを再開し、軽め中心とはいえじっくり乗り込まれており、長期休養明けを叩かれた反動等の心配はないと見ていい。今週は岩田騎手を背にWコースで格下の僚馬2頭を大きく追走し、前半のペースが速くて前2頭がバテたとはいえ、余裕の手応えで大外から楽に抜き去ってきた。時計も速く、前走からの上積みは見込める状態だ。

【トーセンジョーダン】

前走時と同じ中3週で、中間の追い切りも前走時とほぼ同様の内容を消化しており、調整過程は極めて順調といえる。今週は中井騎手を背に、Wコースで僚馬と3頭併せ。最後方から直線に向いた所で最内から並びかけ、ラスト200m手前から追い出されると、しぶとい脚を使って最先着した。好走した前走時の状態を維持できている。

【ダノンバラード】

前走後は1か月ほどの放牧を挟んで栗東へ帰厩。12月上旬からは3週続けて坂路で強めの追い切りをこなしており、調教量に不足はないと見ていい。今週は川田騎手を背に格下の僚馬と併せ馬。前半は我慢させながら併走し、ラスト200mから追い出されると鋭い伸び脚で併走馬を一気に突き放した。この馬としては時計的にも上々で、この秋一番の仕上がりだ。

【カレンミロティック】

前走から中2週で出走するのは2年ぶりになるが、軽め中心とはいえこの中間もきちんと乗り込まれており、疲労残りの心配はないと見ていいだろう。今週は戸崎騎手を背に、坂路で単走追い。まだ馬場の荒れていない時間で内目を回ったとはいえ、ほぼ馬なりで800m52.2秒いう時計は優秀だ。久々の関東遠征が課題だが、現時点では好状態と見て間違いない。

【ヴェルデグリーン】

前走後は放牧を挟んで11月末に美浦へ帰厩。12月に入ってからはしっかり追い切りをこなしており、調教量に不足はない。ここ2週は助手を背にWコースで僚馬と併せ、先週は平凡な時計で格下馬に遅れる物足りない動き。今週も時計は平凡だが、楽な手応えで時計は詰めており、先週よりは良化が感じられた。ただ、まだ完調にはもう一息という印象だ。

【その他の出走馬】

デスペラードは先週、今週と馬体維持を主眼とした軽めの追い切り内容で、上積みは見込みにくいが前走の状態はキープ。ナカヤマナイトは今週柴田善騎手を背にWコースで好時計をマークしており、今回も自分の力はきっちり出し切れる状態。トゥザグローリーは調教駆けしなくなって来ているとはいえ、今週の動きは地味で、大幅な上積みは見込みにくい。

<出走馬の調教評価>

●A
ダノンバラード

●B
アドマイヤラクティ、ウインバリアシオン、トーセンジョーダン、カレンミロティック、ルルーシュ、ラブリーデイ、ラブイズブーシェ

●C
オルフェーヴル、ゴールドシップ、ヴェルデグリーン、デスペラード、ナカヤマナイト、トゥザグローリー、タマモベストプレイ

●D
テイエムイナズマ

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN