JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第56回 有馬記念特集 2011年12月25日(日)15時25分発走 中山競馬場 芝2500m

【オルフェーヴル】

前走後は短期放牧を挟んで今月上旬に帰厩。その後は入念に乗り込まれており、調教量に不足はない。今回も追い切りはすべて坂路で、ここ2週は池添騎手を背に古馬のオープン馬との併せ馬。2週ともに800mで51.7秒と好タイムをマークし、ラスト200mは先週が12.2秒、今週は12.3秒と最後までしっかり伸びていた。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

【ブエナビスタ】

中3週で中間の追い切りがWコースで4本という調整過程は、前走を含めた過去の好走時と全く同じで、極めて順調といえる。ここ2週は助手を背に単走で追われ、先週が1000mで64秒台、今週は65秒前後と速い時計を出した。ただ2週ともに馬場の内めを回っており、動き自体に鋭さは感じられなかった。昨秋の絶好調時に比べると、やや物足りなさが残る。

【トーセンジョーダン】

前走時と同様、今回もレース後の馬場入り再開時期が遅めだが、前回で好結果が出ているだけにこの点は心配ないと見ていいだろう。ただ追い切りは、先週が助手を背に坂路で800m56.5秒とごく軽め。今週はWコースでウィリアムズ騎手を背に1000mで71秒前後と、2週続けて軽めの内容に終始した点は物足りない。現時点ではやや重め残りという印象だ。

【ヴィクトワールピサ】

今回もWコース、坂路、プール調教を併用しながらしっかり調教を積まれており、調整過程は極めて順調だ。今週はデムーロ騎手を背に、いつもと同じくWコースで僚馬との3頭併せを消化。真ん中に入って早々と抜け出すと、珍しくラスト200m付近からゴール過ぎまでびっしり追われ、豪快な動きを披露した。前走以上の状態といえそうだ。

【アーネストリー】

前走後は短期放牧を挟んで先月下旬に帰厩。その後はきちんと調教を積まれており、調整過程に問題はない。ここ2週は佐藤騎手を背に坂路でびっしり追われ、先週は800m52秒台でラスト200mも13.4秒と失速気味。ただ今週は、800m51.7秒と好時計で、ラスト200mも13.0秒と先週に比べて粘りも増した。前走以上の状態と見てよさそうだ。

【エイシンフラッシュ】

中3週で中間の追い切りが2本だけと少ないが、今秋3戦目で太りやすいタイプでもないだけに、この点は心配しなくていいだろう。今週はルメール騎手を背に、Wコースでオープン馬を追走する形の併せ馬。直線半ばで内から並びかけ、追い出されるとラスト200mで11秒台をマークして楽に先着した。凡走続きだが、状態面に問題はない。

【レッドデイヴィス】

前走から中2週で関東遠征を控えているが、休まずきちんと調教を消化しており、調整過程は順調と見ていい。今週は坂路で武豊騎手を背に、格下の僚馬と併せ、終い軽く追われた程度でシャープに伸びて大きく先着。時計的にも800m50.7秒、ラスト200m12.6秒と、軽い馬場を考慮しても優秀だった。前走時の好状態をしっかり維持できている。

【ヒルノダムール】

海外帰りで約3ヶ月ぶりのレースになるが、先月初めには栗東に帰厩して1ヶ月以上にわたって入念に乗り込まれており、調教量は十分といえる。ここ2週は藤田騎手を背に格下の僚馬と併せ、先週はWコースで1200m80秒台と強めの追い切りを消化。今週は坂路で終い重点にとどめたが、まずまずの動きだった。絶好調とはいかないが、力を出せる仕上がりだ。

【その他の出走馬】

ルーラーシップは半年ぶりの実戦になるが、中間の調教量は十分すぎるほど。追い切りの動きも悪くなく、力は出せる仕上がり状態。ペルーサは昨年に比べて追い切りの本数こそ少ないが、その分強めの本数が多く動きも良く状態面に不安はなし。ジャガーメイルは前回と同様に今回も意欲的な追い切りを消化しており、動きも良く好調キープと見てよさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN