JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第56回 有馬記念特集 2011年12月25日(日)15時25分発走 中山競馬場 芝2500m

世代交代なるか!?オルフェーヴルが一気の頂点獲りへ

1)ただサンデーサイレンス系のためのレース

 11年前の2000年にはテイエムオペラオーが勝ち、2着メイショウドトウ、3着ダイワテキサスとノーザンダンサー系が上位を占めた。だが、以後の10年間はヘイルトゥリーズン系種牡馬が10連勝を飾り、2着が5回、3着が9回、ワン・ツー・スリー・フィニッシュも4回ある。とりわけ注視したいのがサンデーサイレンス系だ。

父馬系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系
8回 5回 9回
75頭
10.7%
17.3%
29.3%
その他のヘイルトゥリーズン系
2回 0回 0回
10頭
20.0%
20.0%
20.0%
ノーザンダンサー系
0回 2回 0回
32頭
0.0%
6.3%
6.3%
ミスタープロスペクター系
0回 1回 1回
12頭
0.0%
8.3%
16.7%
ナスルーラ系
0回 0回 0回
7回
0.0%
0.0%
0.0%
その他の系統
0回 2回 0回
6頭
0.0%
25.0%
25.0%

【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)サンデー系から人気薄に流す

 父馬の系統別成績を少し詳しく見ていくと、まずサンデーサイレンス系は、サンデーサイレンス自身が5勝・2着2回・3着8回と断然の数字。これに比べると後継種牡馬たちはインパクトに欠けるし、ダンスインザダーク産駒が13戦して3着以下なしなど、信頼性ではやや劣る。それでも現実にアグネスタキオン、ステイゴールド、ネオユニヴァースの産駒が勝っているのだから、一応は「サンデーサイレンス系が◎」といえるだろう。

 その他のヘイルトゥリーズン系から出た勝ち馬は2連覇したシンボリクリスエスだけ。ウオッカが3番人気11着、スクリーンヒーローが3番人気5着など期待を裏切っていて、信頼度はイマイチだ。

 ノーザンダンサー系はファインモーション、コスモバルク、メイショウサムソンなどが人気を裏切っているのに対し、ポップロックが6番人気2着、アドマイヤモナークが14番人気2着と、穴を狙いたくなる傾向。アメリカンボスが13番人気2着、トゥザグローリーが14番人気3着のミスタープロスペクター系も同様だ。

 ナスルーラ系は用なし、4大血統以外から馬券に絡んだのはタップダンスシチーだけ。

 まとめれば「サンデーサイレンス系を軸に、やはりサンデーサイレンス系と、ノーザンダンサー系およびミスタープロスペクター系の人気薄に流す」というのが定石だ。

3)母の父は安定感を取るか、勝負強さを取るか

 母の父ではナスルーラからのラインが好調、ミスタープロスペクター系も健闘。ノーザンダンサー系は勝率こそ低いものの、安定感あって連軸タイプといえそうだ。父ヘイルトゥリーズン系が強いぶん、母父ヘイルトゥリーズン系が成績を落とすのも仕方ないだろう。

母父系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
ナスルーラ系
4回 2回 1回 40頭
10.0%
15.0%
17.5%
ノーザンダンサー系
2回 7回 6回 51頭
3.9%
17.6%
29.4%
その他の系統
2回 0回 1回 27頭
7.4%
7.4%
11.1%
ミスタープロスペクター系
2回 0回 1回 13頭
15.4%
15.4%
23.1%
ヘイルトゥリーズン系
0回 1回 1回 13頭
0.0%
7.7%
15.4%

4)父・母父とも芝の中長距離タイプがベスト

 連対馬のうち、サンデーサイレンス以外の産駒9頭について、父と母父の現役成績を簡単にまとめてみよう。

馬名 父の主要勝ち鞍 母父 母父の主要勝ち鞍
アメリカンボス
Kingmambo
仏2000ギニー
DixielandBand
(ダート中距離戦)
シンボリクリスエス
KrisS.
(ダート中距離戦)
GoldMeridian
(芝中長距離戦)
タップダンスシチー
PleasantTap
ジョッキークラブ金杯
NorthernDancer
ケンタッキーダービー
ポップロック
エリシオ
凱旋門賞
サンデーサイレンス
米BCクラシック
ダイワスカーレット
アグネスタキオン
皐月賞
ノーザンテースト
フォレ賞
アドマイヤモナーク
ドリームウェル
仏愛ダービー
トニービン
凱旋門賞
ドリームジャーニー
ステイゴールド
香港ヴァーズ
メジロマックイーン
天皇賞・春
ブエナビスタ
スペシャルウィーク
ジャパンカップ
Caerleon
仏ダービー
ヴィクトワールピサ
ネオユニヴァース
皐月賞/日本ダービー
Machiavellian
(芝マイル路線)

 サンデーサイレンス産駒がバリバリと活躍していた時代は、そのサンデーサイレンスを筆頭にダート中距離タイプが強く、Kingmamboなどのマイラーも頑張っていた。だが近年は父・母父とも芝の中長距離タイプが急進しているようだ。

結論

 狙うのは「父がダンスインザダーク以外のサンデー後継種牡馬」×「母の父は、連軸ならノーザンダンサー系、1着候補ならナスルーラ系・ミスタープロスペクター系」の配合で、「父・母父とも芝の中長距離タイプ」がベスト、となる。

 ◎を打つなら全兄にドリームジャーニーを持つオルフェーヴル。ヴィクトワールピサは昨年の勝ち馬だが、母父がマイラーであることが気がかり。ペルーサも同様だ。むしろオルフェーヴルを脅かすとすればレッドデイヴィスだろう。

 ブエナビスタは今年も2着候補、ヒルノダムールもあって2〜3着か。これらよりアーネストリーのほうが勝ち馬にはふさわしい。ルーラーシップは久々で人気を落としそうだからヒモ候補。ジャガーメイル、トーセンジョーダンはバッサリと切りたい。

【オルフェーヴルの血統表】

オルフェーヴルの血統表

【レッドデイヴィスの血統表】

レッドデイヴィスの血統表

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN