JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
有馬記念特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報 調教情報 レース回顧へ

ブエナビスタ

前走から中5週とやや間隔あいたが、中間も休みなく乗り込まれており、調整過程は順調だ。1週前は前半かなりゆっくりしたペースで入ったとはいえ、時計を要すCWのラスト200mで11秒台半ばをマーク。今週もCWで終い重点といういつも通りの追い切りで、1200m84秒前後、ラスト200m12秒台前半という時計なら合格点だろう。前走と変わりない状態と見てよさそうだ。

ドリームジャーニー

前走から約2ヶ月ぶりになるが、同じ間隔で好走した4走前の天皇賞時より放牧からの帰厩時期も早く、追い切り本数も増やしており、大一番へ向けて意欲十分の調整過程と言える。先週に強い追い切りを消化し、今週は終い重点の内容だったが、追い出されると鋭い伸びを見せる抜群の動きを披露した。前走以上の状態と見て間違いなさそうだ。

マツリダゴッホ

天皇賞から中7週での参戦は快勝した一昨年と同じ臨戦過程で、11月下旬から週1〜2本の追い切りを消化している点も同様だけに、調整過程は順調と言っていいだろう。今週は蛯名騎手を背にダートコースで追われ、ほぼ馬なりのまま素軽い動きを見せた。絶好調時に比べるとどうかだが、前走時からの上積みは確実にありそうだ。

スリーロールス

約2ヶ月ぶりのレースになるが、プール調教を併用しつつ、3週前から今週までは4週続きで追い切りを消化しており、中間の調整過程に問題はない。1週前の金曜日に併せ馬で強めの追い切りを行ない、格下馬相手とはいえきっちり突き放して好時計をマーク。今週はごく軽めにとどめたが、動きには素軽さが感じられた。好状態をしっかりキープ出来ている印象だ。

フォゲッタブル

前走から中2週で再度の中山遠征というハードな臨戦過程だが、先週から2週続きできちんと追い切られており、調整過程は極めて順調だ。今週はPコースで初コンビとなるルメール騎手が乗り、格下馬を先行させる形でスタート。直線に向くと、軽く仕掛けただけで一気に抜き去る豪快な動きを披露した。近走の好状態を維持していると見てよさそうだ。

エアシェイディ

前走に続き中3週でのレースになるが、この中間も緩めずきっちり乗り込まれており、調整過程は順調そのものと言える。1週前は長めから併せ馬を消化し、ダートコースで1000m64秒台の好時計をマーク。今週も格下馬と併せたが、相手に合わせる余裕十分の動きで、目下の充実ぶりを感じさせた。かなりの好状態と見てよさそうだ。

セイウンワンダー

約2ヶ月ぶりのレースになるが、11月中旬から毎週きちんと追い切りを消化。さらに2週前からは3週続きで長めから強く追われており、意欲的な調整過程には好感が持てる。今週は藤田騎手を背に前半から飛ばし、終いはさすがにバテ気味だったが、時計を要すCWコースで1200m79秒台の断然一番時計をマークした。前走から、さらに上積みが見込めそうだ。

マイネルキッツ

前走後もいつも通りプール調教を併用しながら順調に乗り込まれており、調整過程は順調だ。今週の最終追い切りは、急遽の初コンビとなった三浦騎手を背に、Pコースで格下馬を追いかける形の併せ馬。4角で外から並びかけると、ゴール前で軽く気合いを付けつつ、きっちり先着した。実力をきっちり出せる状態と見てよさそうだ。

その他の出走馬

イコピコは日曜日に坂路800mで51.6秒、今週はラスト400mで12.5−12.0秒と好時計を出しているが、元々調教駆けするタイプで近走と変わりなく状態は安定。リーチザクラウンは2週続けてPコースで好時計をマークしており、連戦の疲れも見せず体調は良さそう。ミヤビランベリは調教駆けせず時計こそ地味だが、毎週2本ずつ追い切るハードトレを敢行しており、意欲十分の調整過程だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN