JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
有馬記念特集

有馬記念とは

画期的だったファン投票レース

 1954年、日本中央競馬会が誕生。競馬人気も急速に上がっていたが、暮れの中山競馬場の名物は中山大障害のみだった。そこで1956年、「中山にも日本ダービーに匹敵する大レースを」と、当時の理事長・有馬頼寧氏が提案。プロ野球のオールスター同様、ファン投票による出走馬の選定を行うという画期的な企画による大レースが施行された。有馬記念の前身・第1回中山グランプリ(56年12月23日・中山競馬場芝2600mで開催)である。

 レースは成功し、当日の中山は大盛況で競馬人気も上がった。しかし、このレースのわずか17日後の57年1月9日、有馬理事長が急逝してしまう。これにより、氏の功績を称え、第2回以降は「有馬記念(グランプリ)」と名称が変更された。

 以後、有馬記念は一年の掉尾を飾るドリームレースとして人気を博し、いつしか日本でも売上ナンバー1のレースとなっていった。有馬記念は日本一決定戦と呼ばれることも多く、このレースを制した馬はレースの副題より「グランプリホース」と呼ばれる。

 66年より芝2500mに変更され、その後は一度も条件を変更することがない。競馬場も、すべて中山競馬場で行われている。71年から外国産馬も出走できるようになり、95年から地方競馬の所属馬にも出走資格が与えられた。外国馬については、2000〜2006年はジャパンカップの優勝馬にのみ出走資格が与えられていたが、昨年から国際競走になり、外国馬の出走枠は6頭までとなった。

有馬記念写真競馬ファンを魅了してきた熱戦

 有馬記念の勝ち馬を並べるだけで、オールドファンの脳裏には過去の名レースがきら星のように浮かんでは消える。それほど、有馬記念にはファンを感動させる名勝負が多い。

「消えた」と実況されたシンザンが大外から追い込んで勝った65年。テンポイントとトウショウボーイが一騎打ちを繰り広げた76・77年。グリーングラスが有終の美を飾った79年。皇帝シンボリルドルフが圧勝した84・85年。ファンの涙を誘ったオグリキャップ引退レースの勝利は90年。1年ぶり出走トウカイテイオー奇跡の復活は93年。武豊騎手の手が上がったが、勝ったのはグラスワンダー99年。まさかのディープインパクト敗戦は05年。そしてスーパーホース圧勝劇と冬空の引退式06年。有馬記念を語りはじめると止まらなくなる競馬ファンは多いだろう。

荒れると凄い配当も

 配当的には、全般的に平穏。さすがに日本一決定戦だけあって、強い馬が順当に勝利を収めるレースが多い。ただし、ひとたび荒れるとなると、とんでもない配当になるのも有馬記念。過去10年ではマンハッタンカフェ=アメリカンボスで決まった01年、シンボリクリスエス=タップダンスシチーの02年、そしてマツリダゴッホ=ダイワスカーレットの昨年が馬連万馬券。前2回は3連単がなかったが、もしあったら100万円を超えていたのではないか。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN