JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

バブルガムフェロー 史上初!3歳馬による秋の天皇賞制覇[1996年]

3連勝で見事G1を制覇

 1994年にデビューした初年度産駒から、フジキセキ、ジェニュイン、ダンスパートナー、タヤスツヨシといったG1ウィナーを送り出した種牡馬サンデーサイレンス。一躍注目度はマックスにまで高まり、2年目の産駒も大きな期待を集めることになる。

 その注視に、真っ先に応えたのがバブルガムフェローだ。

 95年10月に迎えた新馬戦こそ3着に敗れたバブルガムフェローだったが、2戦目を逃げ切って難なく勝ち上がる。3戦目・府中3歳Sでは1番人気サクラスピードオーを競り落として2連勝をマーク。さらに朝日杯3歳Sでも、エイシンガイモン、スキーミュージック、ゼネラリストら評判の高かった外国産馬を破ってG1も制覇する。

クラシック目前での戦線離脱

バブルガムフェロー写真

 こうしてバブルガムフェローは、同い年のサンデーサイレンス産駒であるロイヤルタッチ、イシノサンデー、ダンスインザダークらラジオたんぱ杯3歳Sの上位勢と並んで、クラシックの有力候補に数えられるようになるのだった。

 翌96年春。皐月賞トライアルのスプリングSで単勝オッズ1.5倍の1番人気に推されたバブルガムフェローは半馬身差の勝利をおさめ、クラシックへ向けて上々のスタートを切る。が、皐月賞直前に骨折が判明。春のクラシックは全休せざるを得なくなってしまった。

 幸い故障の程度は重くはなく、秋には戦列に復帰。菊花賞ではなく中距離路線に狙いを定め、初めて古馬とぶつかった毎日王冠で休養明けながら3着と善戦。父の名をさらに高めるべく、第114回天皇賞(秋)へと歩を進めるのだった。

古馬一線級を従えての先頭ゴール

 この一戦で待ち受けていたのは、天皇賞(春)でナリタブライアンを破ったサクラローレル。900万下から京都大賞典まで6連勝中のマーベラスサンデー。菊花賞・有馬記念・宝塚記念と3つのタイトルを持つマヤノトップガン。すなわち古馬一線級の面々だった。 

 ここに混じって3番人気の支持を得たバブルガムフェローは見事なレースを披露する。終始好位3番手をキープしたバブルガムフェローは直線でも堂々と駆け続け、坂を駆け上がりながら先頭に躍り出ると、マヤノトップガン、サクラローレル、マーベラスサンデーを従えながらゴールする。

 それは史上初めて、3歳馬が天皇賞(秋)を制した瞬間だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN