JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ネーハイシーザー 毎日王冠快勝の勢いに乗りGI初制覇[1994年]

バテない中距離向きのスピード

 天皇賞(秋)の勝ち馬には、安田記念やマイルCSを制したマイラーもいれば、天皇賞春秋連覇を成し遂げた馬もいる。さまざまなタイプの強豪が、高い次元で、切れ味やスタミナや勝負根性をぶつけあう。それがこのレースの特徴といえるだろう。

 切れるわけではなく、スタミナにも不安あり。競り合いに強いというイメージもない。だが、決してバテない中距離向きのスピードで天皇賞・秋を乗り切ったのが、1994年の覇者ネーハイシーザーである。

毎日王冠を日本レコードで制覇

ネーハイシーザー写真

 父は1000mの新馬戦を大差でぶっちぎったサクラトウコウ、その父は傑出した速さを誇ったマルゼンスキー、母の父はトウショウボーイやサクラユタカオーなどの快速馬を送り出したテスコボーイ。そんな、スピードが凝縮した血を持つネーハイシーザーが最初に素質を見せつけたのは1993年、1800mの中日スポーツ賞4歳Sだった。稍重の馬場ながら当時の日本レコードとなる1分45秒2を叩き出して喝采を浴びたのである。

 その年の菊花賞ではレース中に心房細動を発症、勝ったビワハヤヒデから約40秒も遅れての入線という不名誉な結果を残したが、翌年、得意の中距離戦でネーハイシーザーは大躍進を果たす。

 産經大阪杯は2着を3馬身半突き放す圧勝。続く京阪杯はコースレコードをマークしての勝利。宝塚記念では5着に敗れたものの、秋初戦・毎日王冠では、自身の持つ日本レコードを大幅に更新する1分44秒6で駆け抜けてみせる。そして堂々有力馬の1頭として天皇賞(秋)へと臨んだのであった。

1・2番人気馬を突き放して快勝

 迎えた第110回天皇賞(秋)。春の勝ち馬であり、宝塚記念も制し、オールカマーも勝ったビワハヤヒデが1番人気に推され、次いでその好敵手であるウイニングチケットが2番人気、ネーハイシーザーは3番人気という順。だが、ここはネーハイシーザーの独り舞台となる。

 勢いをつけて飛び出し、逃げるメルシーステージを前に置いてレースを進めるネーハイシーザー。直線では敢然と抜け出し、好位追走のビワハヤヒデやウイニングチケットを突き放しにかかる。そのまま最後までスピードは緩むことなく、2着セキテイリュウオーに1馬身半の差をつけてのゴールとなる。

 流れに乗れば誰にも追いつけない。中距離向きの持続力あるスピードを遺憾なく見せつけた盾獲りであった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN