JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第142回 天皇賞(秋)特集 2010年10月31日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝2000m

現代日本競馬の流れをくむ天皇賞(秋)

1)ヘイルトゥリーズン系の勝利数・連対数がほかを圧倒

 過去10年の連対馬の父と母父は以下の通り。サンデーサイレンスと後継種牡馬たちを中心として、ヘイルトゥリーズン系がかなり強いレースとなっていることがわかる。

 テイエムオペラオーが覇権を握っていた2000年〜2001年の2年間はヘイルトゥリーズン系が連を外しているものの、以後は毎年連対、ワン・ツー・フィニッシュも5回ある。天皇賞(秋)はヘイルトゥリーズン系のためのレースとすらいえる状況だ。

 ただ、アグネスタキオンやダンスインザダークの子、あるいは母父サンデーサイレンス、つまりサンデーサイレンスの孫は勝てていないことに留意しておきたい。


【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)実質的には4大血統の争い

 先に「ヘイルトゥリーズン系がかなり強いレース」としたが、実は「系統ごとの差は、それほどない」ともいえる。それを示すのが下のデータだ。

系統 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 3回 6回 4回 53回
4.5%
13.6%
19.7%
その他のヘイルトゥリーズン系 3回 1回 1回 13回
16.7%
22.2%
27.8%
ノーザンダンサー系 2回 2回 1回 39回
4.5%
9.1%
11.4%
ミスタープロスペクター系 1回 0回 1回 10回
8.3%
8.3%
16.7%
ナスルーラ系 1回 0回 3回 17回
4.8%
4.8%
19.0%
その他の系統 0回 1回 0回 5回
0.0%
16.7%
16.7%

 上記「そのほかのヘイルトゥリーズン系」から出た勝ち馬は、シンボリクリスエス、ウオッカという歴史的名馬。その特異性を割り引くと「どの系統も勝率は4.5%程度」といえるだろう。

 ちなみに3着馬は、ヘイルトゥリーズン系が5頭、ナスルーラ系が3頭、ノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系が各1頭。この4大血統以外に出る幕はなさそうなGIであることは確かである。

3)母の父ではノーザンダンサー系とナスルーラ系が好調

 母の父の系統別成績を調べると、父よりも少し偏りが出てくる。

系統 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
ヘイルトゥリーズン系 0回 1回 2回 16回 0.0% 5.3% 15.8%
ノーザンダンサー系 5回 3回 5回 54回 7.5% 11.9% 19.4%
ミスタープロスペクター系 1回 2回 0回 8回 9.1% 27.3% 27.3%
ナスルーラ系 4回 1回 2回 34回 9.8% 12.2% 17.1%
その他の系統 0回 3回 1回 25回 0.0% 10.3% 13.8%

 母父ヘイルトゥリーズン系は未勝利。逆に好調なのはノーザンダンサー系とナスルーラ系(ボールドルーラー系、レッドゴッド系、ネヴァーベンド系が勝利)だ。

4)穴なら母父ノーザンダンサー系

 単勝オッズ6番人気以下で3着までに入った馬は過去10年に9頭いる。その配合は以下の通りで、穴馬も4大血統どうしの配合から生まれていることがわかる。

母父
ヘイルトゥリーズン系 ノーザンダンサー系 4頭
ヘイルトゥリーズン系 ナスルーラ系 1頭
ヘイルトゥリーズン系 ミスタープロスペクター系 1頭
ヘイルトゥリーズン系 ヘイルトゥリーズン系 1頭
ナスルーラ系 ノーザンダンサー系 2頭


 また90年代以降、1番人気を2〜3着に下して勝った馬を振り返ると、バブルガムフェロー(母父リファール)、エアグルーヴ(母父ノーザンテースト)、アグネスデジタル(母父チーフズクラウン)、ヘヴンリーロマンス(母父サドラーズウェルズ)、カンパニー(母父ノーザンテースト)。どうやら穴馬や主役をねじ伏せる馬は母父ノーザンダンサー系に潜んでいるようだ。


【単勝オッズ6番人気以下で3着までに入った馬】

単勝オッズ6番人気以下で3着までに入った馬

結論

 サンデーサイレンス系が数で圧倒し、そのほかのヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系、ナスルーラ系が時折ストップをかける……。考えてみればそれは90年代半ば以降の日本の競馬そのものであり、天皇賞(秋)は「現代日本競馬の縮図」といえるのかもしれない。

 狙いたいのは父が◎ヘイルトゥリーズン系、○ノーザンダンサー系、▲ミスタープロスペクター系とナスルーラ系、母父が◎ノーザンダンサー系か○ナスルーラ系というタイプ。

 サンデーサイレンス直子の強さを重視、かつ母父ノーザンダンサー系も助けとなってアクシオンを本命に抜てきする。父グラスワンダー×母父トニービンのアーネストリー、母父ノーザンダンサー系のエイシンアポロンもあげておこう。

 サンデーサイレンスの孫は未勝利という事実を考えれば、ブエナビスタ、シンゲン、ペルーサといった素質馬を2〜3着に破って勝つ馬がいる、といった考え方で馬券を組み立てるのがいいのではないだろうか。


【アクシオン血統表】

単勝オッズ6番人気以下で3着までに入った馬

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN