JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(秋)特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

ウオッカ

前走から中2週と間隔詰まっているが、先週、今週ときっちり追い切られており、中間の調整過程は極めて順調だ。最終追い切りはCWコースで武豊騎手を背に、3頭併せの真ん中に入る形。直線半ばから、ほとんど追う所なしで併走馬を突き放してラスト200m11秒台の素晴らしい伸び脚を披露した。好状態と見てよさそうだ。

ドリームジャーニー

前走後は短期放牧からレースの約2週間前にトレセンへ戻るいつも通りの過程で、帰厩後も順調に調教を積まれている。先週、今週とPコースで池添騎手を背に単走ながらびっしり追われ、ともに1200m80秒前後、ラスト200m12秒前後とまずまずのタイムをマークした。一応の力は出せる仕上がりという印象だ。

シンゲン

前走から中4週になるが、中間の追い切りが軽めの物も含めて5本というのは同じ間隔で快勝した前々走時と同様で、順調さがうかがえる。1週前は格下馬の外に併せ、余裕十分の手応えで豪快に先着。今週は単走で終い重点の内容にとどめたが、走り慣れた左回りでスムーズに手前を替えて軽快な伸び脚を見せた。かなりの好状態と見てよさそうだ。

オウケンブルースリ

前走から中2週と間隔詰まっているが、軽めの物を含めて中間に3本の追い切りをこなしており、調整過程は順調だ。1週前は軽めにとどめたが、今週は単走ながら前半から飛ばし、坂路800mで52.5秒の好タイムをマーク。追われたラスト200mも12.8秒と、終いまでしっかりした走りも好印象だった。上積みはそれほど感じられないが、好調子キープは間違いなさそうだ。

カンパニー

前走から中2週で再度の東京遠征になるが、中間も緩めることなく順調に乗り込まれており、調整過程は順調そのものと言える。最終追い切りはいつも通り生野騎手を背に坂路で単走というメニュー。前半から13秒台を並べるハイペースながら、追い出すと更に加速してラストは力強く伸びた。前走時の好状態をしっかり維持できている印象だ。

サクラメガワンダー

4ヶ月の休み明けになるが、放牧先から9月下旬に帰厩して以降、約1ヶ月間きっちり調教を積まれており、調整過程は順調と言っていい。3週連続で福永騎手が乗って強めに追われるなど、追い切り内容もハードだ。今週は坂路で800m54.8秒と時計は平凡だが、馬場がかなり荒れた時間帯での物だけに問題ない。やや余裕残しだが、一応の態勢は整ったと見てよさそうだ。

キャプテントゥーレ

前走から中6週と若干間隔あいたが、今月上旬から入念な調教をこなしており、調整過程に不安は無い。1週前はいつも通りの金曜追いで、坂路800m51.1秒、ラスト200m12.2秒の好タイムをマーク。今週も前半から飛ばすハードな内容で、800m51.2秒の一番時計を叩き出した。実力をきっちり出し切れる状態に仕上がったと見てよさそうだ。

マツリダゴッホ

前走から中4週と余裕ある日程ながら、時計を出し始めたのがレースの2週間前と遅く、追い切り量はやや不足気味という印象は否めない。ただ1週前はPコースで軽快な走りで好時計をマークするなど、動き自体は良好。今週も単走で余力残しの内容だったが、スムーズな脚さばきを見せた。絶好調時には及ばないが、力を出せる状態にはありそうだ。

その他の出走馬

スクリーンヒーローは4ヶ月ぶりになるが、これまでの休み明け時に比べて追い切り量は豊富で、仕上がりは良さそうだ。エアシェイディは約2ヶ月ぶりだが、先週、今週と軽快な動きが目につき、かなりの好状態という印象だ。アサクサキングスは半年ぶりながら調教量十分で、最終追い切りは軽めでも不安は無い。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN