JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(秋)特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

天皇賞(秋)とは

歴史ある秋の中距離王決定戦

 1937年(昭和12年)、日本競馬会の誕生を機に開催された「第1回帝室御賞典」がはじまり。1947年に「天皇賞」と改称され、現在に至っている。なお、前身は1905年に横浜の日本レースクラブが創設した「エムペラーズカップ」。前身を含めれば、日本で最も歴史のあるG1といえるかもしれない。

 天皇賞と改称された後、春は京都、秋は東京の3200mで施行されることになり、奇数回は春、偶数回は秋の天皇賞として、競馬ファンに親しまれてきた。しかし、天皇賞(秋)については1984年、グレード制導入とともにG1に格付けされ、距離が芝2000mに変更された。これによって、春とは性格の異なる「中距離ナンバー1」の馬を決めるレースとなっている。

 長らく天皇賞には勝ち抜け制度が採用され、1度勝った馬は出走できないルールだった。しかし、1981年にこれが廃止され、何度でも出走できるようになっている。また、出走資格もずっと内国産馬に限定してきたが、2000年、はじめて外国産馬に門戸を開放。2005年には国際競走となって外国調教馬も出走できるようになり、外国産馬の出走頭数制限は撤廃されている。

天皇賞(秋)写真秋の古馬三冠第一戦の趣も

 2000mに距離短縮されてから早くも25年が経ち、その間には数々の名中距離馬がこのレースから誕生している。2000m最初の年に三冠馬ミスターシービーが勝ったのを皮切りに、サクラユタカオー、ニッポーテイオー、ヤエノムテキ、バブルガムフェロー、エアグルーヴ、ダイワメジャー…などなど。

 また、天皇賞(秋)制覇後、ジャパンカップ、有馬記念へと駒を進めて活躍し、古馬のチャンピオンホースとなった名馬も数多く輩出している。タマモクロス、スーパークリーク、スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイなどはそれぞれの時代を背負って立つチャンピオンであった。

スローになると大混戦

 ステップレースは毎日王冠、京都大賞典、そしてオールカマーが中心。札幌記念や宝塚記念からの直行組もちらほら見受けられる。

 さすがに古馬最高峰のレースだけあって、条件戦からこのレースを制した馬は85年ギャロップダイナ(シンボリルドルフを差し切り)以降出ていない。

 中距離戦らしく、以前はスローになることはほとんどなかったが、6年前の馬場改修後は、スローの上がり勝負も散見されるようになっている(典型的なのは、良馬場で勝ちタイム2分を切れなかった05年=勝ち馬ヘヴンリーロマンス)。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN