JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
天皇賞(秋)特集

 

ディープスカイ東京コースベストの3歳王者

ディープスカイ写真
神戸新聞杯制したディープスカイは菊花賞でなく天皇賞を選択
秋初戦の神戸新聞杯を勝利し、次に選んだ道は菊花賞ではなく古馬相手の天皇賞(秋)。神戸新聞杯で下したオウケンブルースリが菊花賞を制しており、仮に菊花賞に出ていれば3つ目のG1タイトル獲得の可能性が高かったと思われるが、現役最強馬の称号を懸けた戦いに挑んできた。あえて強い相手にぶつかるのは、東京コースで戦えるという理由も大きい。日本ダービー、NHKマイルCの勝ちっぷりから直線が長い府中がベストであることは間違いない。ただ、これまでとは比較にならないほど強力な先行馬を相手に差し切れるかがポイント。

ポップロック不調を脱せず距離も忙しい

前走の京都大賞典は7着に敗退。勝ち馬とはわずか0.3秒差だったが、今年春からの不調は相変わらずという印象。天皇賞(春)12着後から休養に入って立て直しを図ったが、あまり効果は見られない。本質的には2400m前後の長丁場がベストで、2000mの競馬は若干忙しい。昨年の本競走では大外枠という状況の中での4着なので、かなり好走した部類に入るが、当時と同じパフォーマンスを望むのは厳しいかもしれない。ここを使っての良化を待って、その後のJC、有馬記念での勝負が正解か。

ダイワスカーレット連対率100%の女王が大一番で復帰

ダイワスカーレット写真
産経大阪杯快勝以来の戦線復帰となるダイワスカーレット
春の産経大阪杯を制した後、左前管骨の骨瘤のため休養を余儀なくされた。その後は特に目標を定めず復帰戦を待ったが、今回の大一番に出走することとなった。牝馬とはいえその実力は折り紙つき。G1の勝ち鞍は牝馬限定戦のみだが、エイシンデピュティ、マツリダゴッホといった牡馬のグランプリホースと互角以上の能力。先行しつつ上がり33秒台でまとめられる完璧なレース運びで、デビュー以来、まだ連対を外したことがない。東京コースは今回初めてだが、半兄のダイワメジャー同様、適性はあるはず。息さえ持てば、勝利の可能性は十分。

ウオッカ前走は意表の逃げも負けて強し

ウオッカ写真
安田記念で先行策を身につけ、結果を出したウオッカ
前哨戦の毎日王冠では意表をつく逃げで周囲を驚かせた。それでも決して引っ掛かっているわけではなく、開幕週で後方一気が難しい状況下では悪くない作戦。残り600m地点からの1ハロンのラップが驚異の10秒5と、早く動きすぎたため、最後はゴール寸前にスーパーホーネットに差されてしまったが、負けて強しの内容と言える。1ハロン伸びる条件で再びハナを切って目標になるのは好ましくないが、今度はペースを握ると思われるダイワスカーレットがいる。安田記念の時のように内の好位で脚を溜める競馬ができれば、おのずと結果がついてくるはずだ。

カンパニー前走からの上積みが大きければ

末脚自慢のイメージとは裏腹に、これまで東京コースでの連対はなし。その相性の悪さは変わらずで、前走の毎日王冠は5着に終わった。しかし、直線外に持ち出しての競馬。内々に進路を取った馬が絶対に有利であり、展開的には相当厳しかった。しかも休み明けにもかかわらず馬体重はマイナス16キロ。状態が本物でなかったことを加味すれば、叩いての上積みに期待する手はありそうだ。昨年の本競走は、直線で不利がありながら3着。G1になるとワンパンチが足りないのは事実だが、前年並みの成績ならばあっても。

エアシェイディ内を通って馬群を捌ける展開になれば

7歳の今年にようやく本格化。1月のAJC杯で待望の重賞初勝利を挙げ、6月の安田記念では4着に好走。内を通った馬が上位を占める馬場・展開を大外からウオッカと同じ上がり34秒0の豪脚。スズカフェニックスとの叩き合いを制した。宝塚記念は7着だったが、実績がなかった関西遠征、道悪の状況を考えればそう悪くない結果だ。今回も外々を回らされると苦しいだろうが、内を通って馬群を捌ける展開になれば活路が見いだせるかも。あとは前走のオールカマーからの良化は必須。休み明けとはいえ、上位2頭から少し離されたのは気になる。

タスカータソルテ札幌記念のレコード勝ちは本物か!?

タスカータソルテ写真
札幌記念でマツリダゴッホを差し切ったタスカータソルテ
今年に入り2000mを中心に使われ、中京記念と札幌記念を優勝。特に前走の札幌記念は押し切り寸前のマツリダゴッホを大外から豪快に差し切っての勝利。勝ちタイム1分58秒6のレコードのおまけつきだった。しかし、コンゴウリキシオーが飛ばし、マツリダゴッホが早めにまくり先行馬を潰したことによる展開の利があった感は否めない。これまでのキャリアを考えると、別定G2ではやや荷が重そうで、G1となればなおさら。ヘヴンリーロマンスなどを輩出している札幌記念の優勝馬だけに侮れない面はあるが、前走の一発だけでは信頼しにくい。今回が試金石となる。

ドリームジャーニーようやく見つけたベストの距離

ドリームジャーニー写真
朝日CCを制し、芝2000mの重賞を連勝したドリームジャーニー
昨年の神戸新聞杯優勝以降、好走から遠ざかっていたが、今夏の小倉記念で鮮やかに復活。G1を勝った朝日杯FS当時を彷彿させる豪快なまくり差しが決まり、1分57秒9の好時計でダイシングロウ以下を一刀両断した。続く朝日チャレンジCも制し、重賞を連勝。2着のトーホウアラン以下との着差はわずかだったが、外からねじ伏せての完勝。幅広い距離をこなせるタイプだが、ようやくベストの距離を見つけた印象だ。今回は相手がさらに強くなるが、持ち時計的には十分クリア。直線が長いコースもこなせるので、楽しみな一戦だ。

オースミグラスワン決め手強烈も東京では連対なし

大トビのフットワークから繰り出される豪快な差し脚が持ち味。06年に続き2勝目となった今年の新潟大賞典では、上がり3ハロン31秒9という究極の決め手。速い上がりが出やすい新潟の外回りコースと言えど、めったにお目にかかれない数字で、内の先行馬をまとめて交わした。しかし、その一方で、東京芝コースは【0.0.1.3】と結果が出ていない。完全に外からの後方一気型なので、内の先行馬が残る東京では苦戦を強いられている。前走毎日王冠を叩いた上積みがあっても、馬群が団子になってのヨーイ・ドンの展開にならないと……。

アサクサキングス中距離もこなすがぶっつけでは苦しいか

1番人気で迎えた今年の天皇賞(春)では3着に敗れ、一つ上の5歳世代の力を見せつけられた印象。ここを取れなかったのは痛手だが、完全なステイヤーというわけではなく、中距離での能力も侮れない。今年の産経大阪杯では59キロを背負い、ダイワスカーレットと0.2秒差の3着。3歳時には15着に大敗した宝塚記念では、今年5着。速い上がりはないが、強力な先行力と粘り強さは増している。本質的には広いコース向きで、今回の条件も悪くはない。ただ、スピードと切れを持つ中距離のスペシャリスト相手にし、宝塚記念以来のぶっつけでは、かなり苦しい戦いになりそう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN