JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
調教情報

アドマイヤムーン

4ヶ月ぶりのレースになるが、9月後半から約1ヶ月に渡ってじっくり調教をこなして来ており、休み明けとしては順調と言える調整過程。追い切りの内容も、DWコースで長めから+ラスト重点という、この厩舎としては定番の内容をしっかり消化出来ており、ほぼ力を出せる仕上がりと見ている。

メイショウサムソン

予定していた凱旋門賞を断念するアクシデントはあったが、9月始めには調教を再開しておりその点は全く心配しなくて良さそうだ。さらに9月20日に坂路800mで54.6秒という時計を出してから今週まで、実に6週連続で速めの追い切りを消化。最終追い切りはゴールまでほとんど馬なりという余裕の微調整で、仕上がりは万全という印象だ。

ダイワメジャー

同じローテーションで勝った昨年と同様に、1週前の日曜に坂路で軽め、今週の水曜が本追い切りという中間で、調整過程は順調だ。1000mで66秒台という最終追い切りは、時計的に地味な印象だが、ラスト重点で、馬場荒れている時間だっただけに心配なし。絶好調だった昨年以上の状態はさすがに望めないが、現状の力は出せる調子だろう。

ポップロック

前走から中2週ながら、先週、今週と2週続けて1000m67秒台の追い切りを消化しており、この厩舎としては意欲十分と言える調整を見せている。最終追い切りも、3頭併せの最内から、ラスト100mで軽く手綱を動かしただけで最先着と切れ味抜群の好内容。絶好の仕上がりで臨めそうだ。

チョウサン

間隔とって大事に使われてきた馬で、中2週未満でのレースは約3年ぶりになるが、先週、今週ときっちり追われており、引き続き順調と言えそう。追い切り内容も、前走と同じ馬と併せて、ゴールでは若干の遅れというのも全く同じで、変わらず好調子をキープと見て良さそうだ。

マツリダゴッホ

この中間は、北Cダートコースをメインに調整されており、結果の出ていない左回りを克服するという点に重点が置かれている。最終追い切りは3頭併せの大外を回り、先行した馬に若干遅れをとったが、時計的にはきっちり走っており問題なし。引き続き好調という印象だ。

アグネスアーク

東京遠征で馬体減っていた前走から中2週になるが、先週から2週続けてきっちり追い切られており、大一番に向けて手加減なしの調整過程になっている。ただ、最終追い切りは一杯に追われるもラスト200mは13秒台とバテ気味で、見た目の動き一息なのは気がかりだ。

カンパニー

約3ヶ月ぶりのレースになるが、9月下旬から順調に追い切られており、仕上がり過程は順調と言えそうだ。先週、今週と福永騎手が乗り、2週続けて坂路800m51秒台をマークと時計的にも上々で、力を出せる状態には仕上がったと見ている。

その他の出走馬

ブライトトゥモローは、坂路で併せ一杯に追われ、大きく先着し変わりなく好調キープ。ローゼンクロイツは、長めから速いラップを刻み、ラストまでしっかり伸びる好調教で、休み明けの不安なし。シャドウゲイトは、動き地味だが中間は熱心に追い切られており、前走よりは上向きだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN