JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析 コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

勝利するにはノーザンダンサーの血が必須

1)血統的には三つ巴の争い

 2000年に新設されたレースで、今年が節目の第10回。過去9年の連対馬を血統別に見ると、ほぼ三つ巴の様相を呈している。


系統 成績 勝率 連対率
ミスタープロスペクター系 4-2-4-24/34 11.8% 17.6%
ヘイルトゥリーズン系 3-1-0-22/26 11.5% 15.4%
ノーザンダンサー系 2-4-3-38/47 4.3% 12.8%
その他 0-2-2-31/34 0.0% 5.9%


 上記「その他の系統」にはレッドゴッド、ボールドルーラー、グレイソヴリンなどのナスルーラ系、ヘロド系やテディ系といったマイナー血統が含まれるが、連対したのはハビタット系とレッドゴッド系が各1回ずつのみ。

 ミスタープロスペクター系、ヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系のトップ3以外は、かなり割り引いて考えるべきだろう。

【過去9年の連対馬の父と母父】

過去9年の連対馬の父と母父

2)ノーザンダンサーの濃い血が必要

 連対馬の母の父を見ると、ノーザンダンサー系が5勝と安定した力を見せている一方、ヘイルトゥリーズン系は1勝・2着0回、ミスタープロスペクター系は0勝・2着3回と信頼度を落としている。

 逆に躍進しているのが2勝・2着3回のナスルーラ系。またクロフネの母父Classic Go Goはフェアウェイ系、リージェントブラフの母父グッドリーはブラントーム系、サンフォードシチーの母父タイテエムはハイペリオン系、フィールドルージュの母父リンドシェーバーはネイティヴダンサー系と、かなり多彩だ。

 勝ち馬9頭のうち、2頭の父がノーザンダンサー系、5頭の母父がノーザンダンサー系。残り2頭はアロンダイトとヴァーミリアンだが、いずれも父はノーザンダンサーのインブリードを持つエルコンドルパサーである。

 以上を考えれば「ジャパンカップダートを勝つためにはノーザンダンサーの濃い血が必要。特に母の父ノーザンダンサー系が最有力」といえるかも知れない。

3)外国馬の父は日本との相性に注意

 過去、外国馬は24頭が参戦。人気になった馬も多いが馬券の対象になったのは2000年3着のロードスターリングと2003年の勝ち馬フリートストリートダンサーだけだ。

 ロードスターリングの父はミスタープロスペクター系のBlack Tie Affair。日本で走った産駒には根岸SやガーネットSを勝ったワシントンカラー、地方競馬の最優秀短距離馬に選ばれたフジノウェーブ、JBCクラシック3着のレイナワルツなどがいる。

 フリートストリートダンサーの父もミスタープロスペクター系のSmart Strikeで、日本で走った産駒としては共同通信杯勝ち馬ブレイクランアウト、大井・東京ダービー2着のナイキゲルマンらがいる。

 海外からの参戦馬は、ミスタープロスペクター系かどうか、日本で実績のある種牡馬かどうか、という点を1つの目安としたい。

4)芝マイルとの関係性も重視

 下は勝ち馬の父の現役成績、活躍した距離、主な産駒の一覧だ。バラバラのようにも思えるが、やや強引に1つの共通項をピックアップするなら「芝のマイル」となるだろう。


1着馬の父 現役時勝ち鞍 現役時の活躍距離 他の産駒
アサティス ジョッキークラブ大賞 芝中長距離 メイショウテゾロ
FrenchDeputy ジェロームH ダート・マイル レジネッタ
Gulch 米BCスプリント ダート・短距離〜マイル ブレーブテンダー
SmartStrike フィリップ・H,アイズリンハンデ ダート・マイル ブレイクランアウト
ブライアンズタイム フロリダダービー ダート中距離 ファレノプシス
フジキセキ 朝日杯3歳S/弥生賞 芝・マイル〜中距離 コイウタ
エルコンドルパサー NHKマイルC/ジャパンカップ 芝・ダート万能 アイルラヴァゲイン


 アサティスの産駒メイショウテゾロはシンザン記念1着、マイルCSで2着。レジネッタは桜花賞の勝ち馬だ。イーグルカフェは自身がNHKマイルCの勝ち馬で、その父Gulchの産駒にはNHKマイルC2着のブレーブテンダーがいる。

 SmartStrike産駒のブレイクランアウトは朝日杯フューチュリティSで3着。ブライアンズタイムの子には桜花賞馬ファレノプシスや朝日杯勝ち馬マイネルマックスがいて、フジキセキは朝日杯勝ち馬、その娘はヴィクトリアマイルのコイウタ。

 エルコンドルパサーはNHKマイルCの勝ち馬で、その産駒はソングオブウインドなど中長距離向きのイメージもあるが、NHKマイルC3着のアイルラヴァゲインもいる。

 芝のマイルGIとの血統的関連性にも注意したいところである。

 今年の出走馬では、一昨年の勝ち馬ヴァーミリアンは問題なし。ただ、それ以上に魅力的なのがシルクメビウス。父はヘイルトゥリーズン系のステイゴールドで、その産駒には朝日杯勝ち馬ドリームジャーニー、母の父はノーザンダンサー系ポリッシュネイビーと条件をピタリと満たしている。

 いっぽうサクセスブロッケン、エスポワールシチー、ワンダーアキュート、ワンダースピードなどはノーザンダンサーの血や芝マイルとの関係性でやや劣る。

【シルクメビウスの血統表】

シルクメビウスの血統表


【ヴァーミリアンの血統表】

ヴァーミリアンの血統表

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN