JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

アロンダイトイーグルカフェタイムパラドックス|カネヒキリ

カネヒキリ 圧倒的な強さを誇った3歳馬[2005年]

まずは芝を目指す素質馬

 かつてダート路線は、芝に比べて一枚下と見られていた。現代ではダート路線でも競走体系の整備が進み、2つのGIが作られ、交流重賞も活発化、ドバイ・ワールドCや米クラシックも現実的な目標として掲げられるようになり、その地位は、一昔前と比べて飛躍的に上がったといえるだろう。

 が、それでも芝の世界にはダート以上に魅力的なタイトルが待っているのは事実。カネヒキリもまた、デビュー当初は芝の魅力に目を向けていた馬だった。

カネヒキリ写真ダートに転じて日本全土を制圧

 新馬戦は新潟の芝1400m戦で4着、2戦目は小倉の芝1800m戦で11着。3歳になるとダートに転じて、京都の1800m戦が7馬身差の圧勝、中山の1800m戦では「大差」勝ちとダート適性の高さを示したカネヒキリだったが、それでも芝への未練は絶ちがたく、毎日杯に挑んで7着に終わる。

 カネヒキリにとって幸いだったのは、ここで陣営が完全にダートへと的を絞ったこと、そして、この時点で方針を転換しても十分に頂点へ辿り着ける競走体系が出来上がっていたことだった。

 まずは端午S。先行抜け出しの危なげないレースぶりで2着以下を9馬身差で完封する。ユニコーンSもきっちりと勝利し、JRA内では3歳ダート路線最強の座を獲得した。

 さらに大井のジャパンダートダービーでは4馬身差の完勝。盛岡でおこなわれたダービーグランプリでも2馬身半で勝利し、カネヒキリは日本全土を制圧した。

古馬の壁を打破して国際GI勝利

 次に狙うタイトルは、ダート路線の最高峰・ジャパンカップダート。前哨戦・武蔵野Sでサンライズバッカスに不覚を取って2着に敗れたが、カネヒキリは、堂々の1番人気、単勝オッズ2.1倍を背負って第6回ジャパンカップダートに臨んだ。

 苦戦。そういえたかも知れない。前年の勝ち馬タイムパラドックスとの競り合いから、フェブラリーS2着のシーキングザダイヤが抜け出す。そこへ迫ったのがカネヒキリ、そして東京大賞典のタイトルを持つスターキングマンだ。最後は3頭並んでのゴールとなり、わずかにハナだけカネヒキリが先んじての1着だった。

 が、これだけの強豪を相手にガッチリと勝利を手にしたこと、そして2分8秒0のレコードタイムをマークしたことが、カネヒキリの砂での強さを立証している。文句のない頂点奪取であった。

>>鮮やかな5連勝で一気に頂点へ アロンダイト


アロンダイトイーグルカフェタイムパラドックス|カネヒキリ

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN