JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ジャパンカップダート特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

アロンダイトイーグルカフェ|タイムパラドックス|カネヒキリ

タイムパラドックス 大器晩成。ようやくつかんだGI[2004年]

ブライアンズタイム唯一のダートGI

 三冠馬ナリタブライアンや4つのGI勝ち鞍を持つマヤノトップガンなど、数々の名馬を生み出した大種牡馬ブライアンズタイム。トーホウエンペラーやフリオーソなど地方競馬でも強豪を輩出し、ダート戦に強い血統としても知られる。だが意外なことに、JRAのダートGI勝ち馬はこれまでに1頭しか誕生していない。

 それが第5回ジャパンカップダート勝ち馬タイムパラドックスである。

タイムパラドックス写真地道に成長してダート強豪へ

 2001年・3歳3月にデビューしたタイムパラドックスは、新馬戦、500万下と阪神のダート1800mで2連勝を飾る。日本ダービー出走権を懸けて青葉賞に挑むも11着と大敗し、以来、ダート戦ばかりを走ることになった。

 とはいえ、この頃はまだ成長途上で体質が万全ではなく、骨折を負ったこともあって使いたくとも使えない日々。レースでは勝ったり負けたりを繰り返していた。

 4歳の暮れに1000万下を卒業し、5歳の2月には準オープンも突破。その年の秋にトパーズSでオープン初勝利を遂げ、翌6歳時、平安Sで初の重賞タイトルを獲得。以後もアンタレスS勝利、大井の帝王賞で4着、旭川のブリーダーズゴールドCが1着、金沢の白山大賞典では2着を7馬身突き放し、大井で開催されたJBCクラシックでは3着。

 一歩ずつ地道に、ダート重賞で印を打たれる馬へと育ってきた。それが競走馬としてのタイムパラドックスのイメージだった。

ライバルを出し抜いてGI制覇

 そして迎えたのが2004年・第5回ジャパンカップダートだ。確かにタイムパラドックスも有力馬の1頭に数えられていたが、レースの中心はアドマイヤドンと目されていた。この年、フェブラリーS、帝王賞、JBCクラシックを制しているダート戦線の主役である。ジャパンカップダートでは2年前が1番人気3着、前年は1番人気2着。どうしても欲しいタイトルを狙っての出走だ。

 その夢を、タイムパラドックスが打ち砕く。アドマイヤドンが中団から馬場の真ん中を通って抜け出そうとするのに対し、タイムパラドックスは上手くインを突いてのスパート。鮮やかに加速し、アドマイヤドンに2馬身半の差をつけてゴール、初のビッグタイトルを手中にしたのである。

 その後もJBCクラシック連覇などダート戦線で長らく活躍することになるタイムパラドックス。飛躍の契機となったのが、このジャパンカップダートだったのである。

>>圧倒的な強さを誇った3歳馬 カネヒキリ


アロンダイトイーグルカフェ|タイムパラドックス|カネヒキリ

競馬の総合情報ツールの決定版
JRA-VAN NEXT(ネクスト)

  • 予想機能・リアルタイムのオッズ・馬券購入など役立ち機能がたくさん
  • JRA公式データをリアルタイムで提供!

NEXT(ネクスト)詳細

今すぐお試し!1ヶ月無料(お試し版ダウンロード)

JRA-VAN
ケータイサービス

  • JRA公式データの充実度はそのまま!なのに、携帯画面でも見やすい!
  • 基本情報からお役立ち機能、お楽しみ要素までしっかりご用意しています

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN